ハイライトおすすめ人気ランキング10選♡塗り方や色の選び方も!

鏡を見て「もっと可愛く生まれたかった」と思ったことありませんか?

もう少し目が大きかったら、もう少し鼻筋が整っていたら、と容姿の悩みは尽きないもの。そんな悩みを軽減してくれるのが、今話題の「コントゥアリング」です。

ダークカラーとハイライターが、顔の陰影を巧みに操作してくれるというこのテクニック。いまやプロだけではなく一般の方にも浸透しています。

ここではそのコントゥアリングの中でも、特にハイライトに着目してみましょう。うるんだようなパール感や、華やかに光るラメ感。ハイライトを使い分けることで、湿度のある色気から健康的なツヤ感までもが思いのままです。

光を当てるだけではない、光の種類と質にこだわるハイライト探し、始めませんか?

ハイライトおすすめ人気ランキング比較一覧

商品画像 特徴 価格 メーカー名 商品名 商品リンク
1
自然なツヤ感が簡単に 648円(税込) 井田ラボラトリーズ キャンメイク クリームハイライター 詳細を見る
2
肌色に合わせて使える便利パレット 1,376円(税込) トゥークールフォースクール アートクラス BYロデン シェーディング 詳細を見る
3
花のような透明感 864円(税込) 井田ラボラトリーズ キャンメイク グロウフルールハイライター 詳細を見る
4
想像以上の立体感 648円(税込) セザンヌ セザンヌ ハイライトスティック 詳細を見る
5
狙った場所に、光、集まる 298円(税込) eyes lips face エルフスタジオ ベイクドハイライター 詳細を見る
6
ハーフみたいな立体顔に 1,728円(税込) エチュードハウス プレイ101スティック Duo 詳細を見る
7
自在に欲しいままに、美の再生 12,770円(税込) エレガンス ラ プードル オートニュアンス 詳細を見る
8
持っているだけで気分がアガる、レインボーカラー 2,450円(税込) メイクアップレボリューションロンドン アイラブメイクアップ ブラッシングハート ハートハイライター ユニコーンハート 詳細を見る
9
ピンクのツヤで血色アップ 1,944円(税込) レブロン フォトレディ 詳細を見る
10
濡れたような簡単生ツヤ肌 1,296円(税込) リンメル イルミナイザー 003 透明感あふれる肌に導くピュアラベンダー 詳細を見る

ハイライトを選ぶときに重要なポイント

形状は、タイミングに合わせて

ハイライトを選ぶ際の第一のポイントが、その形状です。

チークやシェーディングカラーと同じように、その形はスティック・パウダー・クリームと多岐にわたります。

まずは自分がハイライトをどのように使いたいか想像してみてください。
例えば「ファンデーションの前に仕込んで内側から発行するようなツヤ感が欲しい」なら、クリームタイプのように、後から重ねるファンデーションがよれにくいものが良いでしょう。

また「仕事が終わってから出かける、そんなときツヤ感だけ足したい」ならメイクの上からさっとまとうだけで良いパウダータイプが適しています。

それぞれにそれぞれの良さがあります。自分と相性の良いものを探していきましょう。

光の色で印象チェンジ

次に着目したいのが、ハイライトのカラーです。

一般的には、ベージュ系・ピンク系・ラベンダー系・ホワイト系などが展開されています。 ベージュ系はナチュラルな印象に、ピンク系は血色感アップ。ラベンダー系は透明感の底上げに適しています。ホワイト系ならさらに華やかさもプラスすることが可能です。

自分の肌色を考慮した上で、その日のメイクバランスが崩れないようなものを選びましょう。相性の良いものを選ぶと、まるで自分の素肌がうるおっているかのように輝きます

ラメやパールの大きさは?

ラメやパールの大きさも、ハイライトの個性に大きく関わります。

今の主流はナチュラルメイクが多く、ほとんどのハイライトはラメやパールが細かく設定されていることが多いもの。それでは物足りないという方は、海外コスメも含めて検討してみましょう。

ラメやパールが大きいものは、光も強く、華やかな印象に仕上がります。日常遣いはラメやパールの細かいものを。大事な席ではもっと光の強いものを、と使い分けることで、メイクの幅も広がります。

ハイライトのオススメランキング10選!

1位
詳細情報
・内容量:2g
・全2色
・原産国:日本

自然なツヤ感が簡単に

プチプラなのに使いやすい、と初めてのハイライトとしても選ばれることの多い、キャンメイクのクリームハイライター。

その人気の理由は何といっても「使いやすいのに仕上がりが選べる」ところ。

クリーム状のハイライトは肌に伸ばすとさらりとした粉状に変化。ヨレやムラも起こりにくい処方となっています。

ベースに使うとナチュラルに、仕上げに使うと華やかに仕上がるのも嬉しいポイント。その日のなりたい仕上がりに合わせて、使い分けも可能です。

2位
詳細情報
・内容量:9.5g
・全1色

肌色に合わせて使える便利パレット

韓国ではその人気の高さから「国民コスメ」とまで呼ばれているトゥークールフォースクールのハイライト。グラデーション3色が収められているパレットは、ブラシでそれぞれの色を混ぜることも可能です。

ラメやパールが配合されていないため、仕上がりはとっても自然。「今日メイク上手だね」ではなく「今日はいつもより肌がキレイだね」と褒められるほどです。ナチュラルメイクが好きな方には、特にオススメしたいハイライトです。

3位
詳細情報
・内容量:6.3g
・全2色

花のような透明感

キャンメイクのグロウフルールハイライターは、溶け込むようなツヤで肌の透明感が上がると人気です。

ブラシで4色全てを円を描くように取り、ツヤを出したい部分にオン。柔らかなパウダーは粉っぽさもなく、しっとりと肌に馴染みます。コラーゲンやヒアルロン酸など、肌に優しい成分が配合されているのも嬉しいポイントです。

使用感は、ふわっと柔らかい、すりガラスのような質感を実現。水分をたっぷり蓄えた肌が、透けて見えるような仕上がりです。

4位
詳細情報
・内容量:5g
・全1色
・原産国:日本

想像以上の立体感

手のひらサイズが嬉しい、セザンヌのハイライトスティック。ポーチの中に入れてもかさばらないサイズ感も、人気の一因です。

小さいながらもその実力は確かなもの。ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されており、乾燥肌の方にも安心です。肌のどの部位にも、するすると、柔らかく伸ばすことできます。

ファンデを重ねてもよれることがないため、下地の段階から仕込む使用法にも適しています。わざとらしくないハイライトが欲しい。そんな方には特にオススメです。

5位
詳細情報
・内容量:5g
・全2色

狙った場所に、光、集まる

美容系YouTuberがこぞって使っている、と人気に火が付いたのがエルフのスタジオベイクドハイライターです。

直径5cmのコンパクトサイズながら、ビタミンEやホホバオイルなどの肌に嬉しい成分もしっかりと含まれています。ブラシでとると優しいツヤに、指でとるとはっきりとしたツヤに変わるため、仕上がりの操作も楽々です。

「お手頃価格だし、と試したら、想像以上の嬉しい効果に手放せなくなった」という口コミの多いこちらの商品。リピーターの多さにも納得です。

6位
詳細情報
・内容量:3.4g
・全4色
・原産国:大韓民国

ハーフのような立体顔に

絵を描くように使えるスティック型、しかも2色が一本に収まっていてとにかく便利だと評判なのが、エチュードハウスのプレイ101スティックデュオです。

全4色が展開されており、そのうち2色が、シェーディングカラーとハイライターの組み合わせとなっています。

柔らかく伸びるので、デコルテや首筋のコントゥアリングも簡単。くっきりと鎖骨の浮き出た、スマートな印象が手に入ります。

顔だけではなく、全身の印象を変えられる。そんな頼もしいスティックです。

7位
詳細情報
・内容量:8.8g
・全6色

自在に欲しいままに、美の再生

「一度使うともう他のパウダーには戻れない」と囁かれているエレガンスのラプードル。

数々のコスメアワード受賞履歴を持ち、知名度も高い逸品です。使ってみたいけれども高額のため躊躇している、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、使うと分かるのが、そのくずれなさと仕上がりの美しさです。

「汗をかいてもその水滴が肌の上に乗って留まるのが分かる」「白浮きしないのに毛穴が消える」など、使った人が思わず紹介したくなるエピソードに溢れています。

ツヤだけにとどまらない、試した人だけが分かる感動の仕上がり。是非一度お試しください。

8位
詳細情報
・内容量:10g
・全1色

持っているだけで気分がアガる、レインボーカラー

見た目にも可愛いレインボーカラーのハイライターは、メイクをするたびにテンションが上がる、と評判です。

大粒のパールとラメが配合されており、かなりツヤ感は強め。日常使いならティッシュオフなど、余計な粉を落とすひと手間を加えてあげましょう。

ブラシで全色を混ぜハイライターとして使う以外に、それぞれを単色アイシャドウとして使うことも可能です。その場合、少し油分の多いベースを事前に仕込むと、粉飛びもせず、濡れたような瞼に仕上がります。

9位
詳細情報
・内容量:8.9g
・全5色

ピンクのツヤで血色アップ

滑らかに伸び、使いやすいと評判なのが、レブロンのスティックタイプハイライトです。

ハイライト・シェーディング合わせて5色が販売されています。その中でも一番人気のピンクライトは、上品なきらめきを持ち、血色感もアップしてくれます。

しっとりとした質感で、乾燥肌の人も安心して使える嬉しいハイライト。ですが、もしべたつくと感じるようでしたら、スティックをそのまま直に塗るのではなく、スポンジにとってみてください。ぽんぽんと抑えるようにあてることで、油分が軽減されます。

10位
詳細情報
・内容量:3g
・全3色

濡れたような簡単生ツヤ肌

生ツヤパール配合で、濡れたようなツヤが叶うと評判なのがリンメルのイルミナイザー。

3色が展開されていますが、一番人気はピュアラベンダーです。ツヤだけではなくその発色で、儚げな透明感を演出してくれます。

肌馴染みの良いオイルと、するするとした板状粉体の働きで、仕上がりが美しいまま長持ちしてくれるのも嬉しいところ。

プチプラながら、プロのメイクアップアーティストにも愛用者が多い、隠れた逸品です。

ハイライトの使い方3つのポイント

ラメやパールは二箇所まで

きらきらとした光は確かに心躍るもの。しかし、メイクはバランスが重要です。

ベースメイク・アイメイク・リップメイクと分類したとき、光を放つ場所はせめてふたつにとどめましょう。

全てを光らせてしまっては、それぞれが良さを打ち消しあってしまいます。

肌にツヤがあるなら他は減らすなどの、バランス感覚は大切にしましょう。

左右からも確認して

メイクが終わって鏡を見るとき、正面からの顔しか確認しないという人は多いものです。しかし、他人は目が合っていないときのあなたも見ているもの。横顔や伏し目にした時の印象はとても重要です。

とくにコントゥアリングをした際には、正面はキレイでも横顔に違和感が生じたりしやすいもの。様々な角度から確認してみることが大切です。

ベースに使う?仕上げに使う?

せっかくハイライト用アイテムを買ったのにうまく使えなかった。

そんな場合は、使うタイミングを変えてみましょう。

ハイライトはベースに仕込むことでツヤ感は控えめになりますし、逆に、仕上げに使うと華やかな印象に変わります。ベースに仕込む際は、上から重ねるファンデーションがよれないように気を付けましょう。もしよれるようでしたら、ティッシュオフなどで密着度を上げることも有効です。

ハイライトの最新売れ筋ランキングもチェック

参考までに、ハイライトのamazonと楽天、Yahoo!での最新売れ筋・人気ランキングも御覧ください。

まとめ

ハイライトにできることは想像以上に多いもの。

たっぷり水分を蓄えた健康的な肌や、青白いほどの透明感。すっと通った鼻筋だって、叶えることが可能です。

あまりやったことがないから、なんて理由で遠ざけてしまうのはもったいない。

スキンケアやダイエットに気を遣うのはもちろん大切なことですが、こういったメイクアイテムも上手に使って、理想の自分に近づいていきましょう。

※この記事は2018年7月9日時点のAmazonのランキングを参照しました。

こちらもよく読まれています
あわせて読みたい

カテゴリから探す