日焼け止めは下地代わりにならない!化粧下地と日焼け止めはどちらも必要?スキンケアアドバイザーが徹底解説!

この季節、紫外線対策が必須ですよね。紫外線は、ご存じのようにお肌にとって大敵です!

そこで、今回は日焼け止めについて紹介していくのですが、日焼け止めといっても数多く種類があるのでどれにしようかと迷いますよね?

日焼け止めに化粧下地の効果があればそれでいいと思ってしまいがちですが、基本、日焼け止めは化粧下地にはなりません

「なぜ日焼け止めは下地代わりにならないのか」その理由と、おすすめの日焼け止め・化粧下地、また「使用期限や効果的な使い方」についてもcorecty編集部のスキンケアアドバイザーが紹介します♡

おすすめの関連記事
今年の夏は絶対焼かない。最強日焼け止めおすすめ人気ランキング!【2019年最新】 塗り方や選び方のコツも!

日焼け止めは下地代わりにならない!

日焼け止めは、下地代わりにはなりません。その理由は、日焼け止めと化粧下地の肌への役割が違うからです。

それぞれの役割の違いを書いていきます。

“日焼け止めと化粧下地”それぞれの役割とは?

日焼け止めの役割

日焼け止めは、紫外線(光)から肌を守ってくれるという役目があります。紫外線吸収剤と紫外線散乱剤などを使い、日焼けや紫外線による肌老化(※光老化)を防いでくれます

化粧下地の役割

化粧下地は、化粧のノリを良くしたり、発色を良くしてくれるものです。特に、日焼け止めではカバーしにくい毛穴などの凹凸を埋め、美肌のベースを作りファンデーションから肌を守る役割があります。

日焼け止めと化粧下地の役割に違いはあるのですが、近年では日焼け止めと化粧下地の両方の役割を併せ持つ化粧品が多く出てきています。

本来はそれぞれ役目が違うのですが、「別々に使うのは面倒…。」という気持ちもわかります。

そこでここからは、“化粧下地だけど日焼け止めの効果を備えたもの”またその逆に、“日焼け止めだけど化粧下地の効果も備えたもの”という化粧品をご紹介します♡

化粧下地の効果を優先するのか日焼け止めの効果を優先するのかで選ぶものが変わりますので、比べてみて下さいね♪

【おすすめ!】白浮きナシ!耐水性なのに石鹸で落とせる日焼け止め♡

詳細情報
■原産国:日本
■内容量:100g
■スキンタイプ:全肌質対応
肌にしっかり密着する擦れや摩擦にも強い!「ストレッチフィット処方」

ヒアルロン酸・コラーゲン・スクワランなどの保湿成分配合。環境ストレスから肌を守るアレルガード機能や、化粧下地効果があり、濡れた肌にも使えます。

紫外線から肌を守る最高表記の「SPF50・PA++++」という数値でしっかりと肌を守ってくれます。

また、耐水性に優れているだけではなく、擦れなどにも強いストレッチ処方で、肌にしっかり密着する日焼け止めです。

「KOSE サンカット パーフェクト UV ジェル」は日焼け止めですが、日焼け止めの取れやすいというデメリットを“ストレッチ処方”で補っています。

日焼け止めが化粧下地にならない理由の一つ、肌に密着できない点をカバーしてくれます。

おすすめの関連記事
ズボラさんでも、いつも日焼け止めを欠かさない!日焼け止め化粧下地のおすすめ人気ランキング10選♡使い方や選び方のポイントも解説!

【おすすめ!】UV防御剤の隙間をなくす“世界初ミクロディフェンス処方”の日焼け止め♡

詳細情報
■内容量:70ml
■スキンタイプ:全肌質対応
■香り:ホワイトフローラルの香り(天然香料配合)
■スーパーウォータープルーフ(80分間の耐水試験で確認済み)
■化粧下地にも使える
なめらかな肌触感で、皮膚のように均一なUVブロック膜!

ビオレからこの春、発売された“世界初ミクロディフェンス処方”で、紫外線から肌を守る最高表記「SPF50・PA++++」の日焼け止め。

水ベースと油ベースの2種類が発売されていますが、こちらは水ベースタイプです。

油ベースの方には使われていないミクロディフェンス処方で、紫外線防御剤の隙間をつくらない処方です。40℃、湿度75%の過酷な環境にも耐える日焼け止めです。

「ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス」は“ミクロディフェンス処方”で、肌にすき間を作らず、化粧下地のように肌に密着します♡

おすすめの関連記事
デリケートな肌には特別な対策を。フェイス用日焼け止めオススメ人気ランキング10選♡塗り方・選び方のポイントも解説!

敏感肌・乾燥肌におすすめの化粧下地♡

詳細情報
■商品サイズ(幅×奥行×高さ):33mm×25mm×119mm
■原産国:日本
■内容量:25g
化粧下地ながら、SPF47・PA+++ 肌色補正でノンケミカル♪

肌色補正もしてくれる敏感肌や乾燥肌の人におすすめの「ミノン アミノモイスト ブライトアップベース UV」。

ほんのり白くなるので、「夕方になるとファンデーションがくすむ」という人にもおすすめ♪

また、日焼け止めだと肌に刺激を感じる、赤くなるという人は一度試す価値ありの化粧下地です。

「ミノン アミノモイスト ブライトアップベース UV」は、日焼け止めは使いたいけど敏感肌で使えない、という方に試してほしい化粧下地&日焼け止めです。※すべての敏感肌に使えるわけではありません。

おすすめの関連記事
日焼け止めにも肌への思いやりを。敏感肌向け日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選♡使い方や選び方のポイントも解説!

“テカリ”が気になる人におすすめの化粧下地♡

詳細情報
■商品サイズ(幅×奥行×高さ):50mm×23mm×104mm
■原産国:日本
■内容量:30g
保湿成分ヒアルロン酸・コラーゲン・リピジュア配合で10時間テカリをブロック!

「サンキラーBCスーパーラスティングベース」は、SPF50・PA++++の化粧下地です。

色はほんのりベージュですが、塗るとほぼ色は感じさせないタイプ。

化粧下地としての役目の一つ、カバー力のあるタイプでテカらせない、化粧崩れに強いという特徴があります。

配合されている“リピジュア”は、肌へのなじみがとても高く、ヒアルロン酸の約2倍。肌に塗ると表面はサラサラ、でも内側はしっかり保湿という高保湿成分です。

ここまで、日焼け止めと化粧下地について書かせて頂きましたが、次に「日焼け止めの使用期限」について書かせて頂きます。

日焼け止めって、使い切れずに残ってしまいますよね…。もし、「残らない!使い切る!」という方は、優秀です♡

おすすめの関連記事
あの子の白雪肌には秘密があった。絶対焼かない女子におすすめの日焼け止めパウダー人気ランキング10選♡

【使用期限】一年前の日焼け止めを使ってはいけない理由とは?

あなたは、“一年前の日焼け止め”を持っていませんか?

日焼け止めは、一年通して使うものなのですが、秋冬になるとサボってしまいがちですよね。その結果、日焼け止めが使い切れずに、次の年まで持ち越してしまうという事になります。

「これって使っても大丈夫かな?ちょっと気になるけど、もったいないし使っちゃおう。」という気持ちはわかりますが、あまりいい事とは言えません。

日焼け止めに“使用期限”が書いてあればこういうことは起きませんが、書いていませんからね…。

実は、「医薬品医療機器等法(※旧薬事法)の医薬品医療機器等法第61条第5号」では、

「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品は使用期限を記載されていなければならない。」

http://www12.plala.or.jp/taacohya/Houki/KOSEIRODOU/Yakujiho/KaiseiSagyoData/3frame_Sin_Yakujiho_all.htm

というものがあります。

これは、簡単にいうと「3年以内に変質しなければ使用期限の記載が必要ナシ」で、「3年以内に変質するものは記載が必要」という事なんです。

なので、日焼け止めに記載がされていないんです。ただし!「開封してしまったら、できるだけ早く使い切ってください。」というのが、メーカーの推奨になります。

フタを開けて時間が経過し過ぎると、保存状態にもよりますが「色が変わってる。変なにおいがする。」など変質している場合があります。

もし、このような状態なら“肌荒れなどの肌トラブルになる可能性が高い”ので、使わないでおくのがベスト。

去年の日焼け止めは去年のうちに使い切って、今年は新しい日焼け止めの購入をおすすめします。

最後に、“日焼け止めの効果的な使い方”についてご紹介します。日焼け止めは使い方によって、効果が半減してしまうこともあるので参考にして下さい。

【塗るタイミング】日焼け止めを効果的に使うには?

「日焼け止めを塗ると、乾燥したりブツブツができてしまう」などの肌トラブルに悩んでいるという人は意外と少なくありません。

日焼け止めを選ぶ時に『自分の肌に合っているか、日焼け止めを使う目的に合っているか』を明確にできていないと、肌トラブルに発展する事もあります。

SPFやPAだけの数値だけで選ばず、自分の肌と相談しながら選びましょう。

また、日焼け止めの効果を十分発揮させるには、日焼け止めをどのタイミングで塗るのかが重要です。

正しい日焼け止めを塗る順番は、

洗顔➜スキンケア➜日焼け止め化粧下地➜ファンデーション

とするのが一般的。

日焼け止めは、少し白くなるものが多いので化粧下地で肌色補正をし、さらにファンデーションを塗ることで違和感なくベースメイクが仕上がり、肌への密着度が高まります

しっかり肌へ密着するとメイク崩れの予防にもなるので、日焼け止めを塗る順番は間違えないようにしましょう♪

おすすめの関連記事
飲む日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選♡使い方・選び方のポイントも解説!

まとめ

今回は、「日焼け止めは、下地代わりにならない」について書かせて頂きました。

化粧下地を塗ることで、化粧のりや化粧持ちを良くしてくれるのですが、“日焼け止めを塗ってさらに下地を塗って”となると確かに面倒です。

そこで、“日焼け止めに下地効果のあるもの”もしくは、“化粧下地に日焼け止め効果があるもの”が販売されています。

この二つは似ていますが、どちらをベースにしているかで効果が変わるので、なにを重要視するかで選んで頂ければと思います♪

また、使用期限は“封を開けたらできるだけ早く使い切る”を覚えておいてくださいね♡

おすすめの関連記事
焼かない女子の必携品!日焼け止めスプレーおすすめ人気ランキング10選をご紹介♡
こちらもよく読まれています

カテゴリから探す