自転車通勤・通学者必見!防水メッセンジャーバッグのおすすめ人気ブランドランキング10選♡選び方のポイントも解説!

メッセンジャーバッグは、本来自転車で郵便などを運ぶときに使われていたカバンです。自転車移動のことを考え、邪魔になりにくいよう作られています。

さらに、中に入れた郵便物が濡れないように防水・撥水加工が施されたアイテムが多いこともポイント。普段から自転車を使う人はもちろん、防水タイプの持ちやすいカバンを探している人にもぴったりです。

ここではメッセンジャーバッグの選び方や、おすすめのブランドを紹介しています。

メッセンジャーバッグおすすめ人気ブランド比較一覧

商品画像 特徴 価格 メーカー名 商品名 商品リンク
1
裏面にもPUコーティングを行うことで、 10,800円(税込) ゴールドウイン ザ・ノース・フェイス ポストマンメッセンジャーバッグ 詳細を見る
2
定番のメッセンジャーバッグ 8,856円(税込) コード マンハッタンポーテージ メッセンジャーバッグ 詳細を見る
3
強度の高い生地を使用した、ハードユースにも耐えるメッセンジャーバッグ 8,290円(税込) モンベル メッセンジャーバッグM 詳細を見る
4
撥水性に優れたテフロンコーティングが魅力 17,064円(税込) キンリュー マグフォース メッセンジャーバッグ 詳細を見る
5
B4サイズが収納できる大容量 34,560円(税込) ロリンザ ロリンザ ショルダーバッグ 詳細を見る
6
耐久性と機能性に優れているバッグブランド 14,627円(税込) エイアンドエフ ミステリーランチ インベーダー 20L メッセンジャーバッグ 詳細を見る
7
驚異の耐久性、デザイン、機能性を兼ね備えた26Lのメッセンジャーバッグ 16,747円(税込) クロームインダストリーズ クロームメッセンジャーバッグ 詳細を見る
8
人気の高いメッセンジャーバッグをそのまま小さくしたモデル 4,500円(税込) サムソナイト グレゴリー ティーニーメッセンジャー 詳細を見る
9
フロントのポケットには止水ジッパーを採用 37,800円(税込) コートエシエル メッセンジャーバッグ RISS 詳細を見る
10
コーデュラ素材を使用し、軽量かつ丈夫 6,372円(税込) CHUMS Eco Logo MessengerBag 詳細を見る

メッセンジャーバッグの選び方3つのポイント

大きさで選ぶ

メッセンジャーバッグは、用途によって適した大きさが違います。ビジネスや通学に使うなら、書類などが入る大きめタイプがおすすめ。

休日やちょっとしたアウトドアに使うなら、コンパクトなサイズを選ぶと使い勝手もよいでしょう。

どちらにしても、自分が入れたいものの大きさをチェックして、入り切るサイズを選ぶことが大切です。

メッセンジャーバッグには台形のものもあるので、横幅をきちんと確認しておきましょう。

ファイルや書類、ノートパソコンなどを持ち歩くなら、余裕のあるサイズでないと不便です。

生地の質で選ぶ

メッセンジャーバッグを使うなら、素材にもこだわりましょう。

防水効果のあるものが多いですが、どの程度の効果があるかは素材によって異なります。ナイロンを使ったものなら、厚手タイプが最適です。

外側だけでなく、内側にも防水加工が施してあれば、大事な荷物を濡らすこともありません。触り心地や重さ、質感なども確認してちょうどいいものを選びましょう。

ショルダーの太さで選ぶ

軽い荷物を運ぶだけならファッション性を重視すればよいですが、荷物が重いなら注意しておきたいのが肩紐の太さ。

荷物が重いとどうしても肩に食い込んでしまうので、使い勝手が悪くなります。肩紐用のパッドがついているものなら、更に快適に使えるでしょう。

普段持っている荷物がどれくらいになるのか、確認した上で太めの肩紐のものを選べば安心です。

メッセンジャーバッグのオススメ人気ブランド10選!

1位
詳細情報
・メイン素材: ナイロン

裏面にもPUコーティングを行うことで、 強度を高めています

ザ・ノース・フェイスは、1966年にアメリカのカリフォルニアで生まれたブランド。

スキーや登山に適したアイテムや、バックパックを主に扱っています。

現在ではファッションブランドとしての地位も確立し、性別を問わず人気の高いファッションアイテムを販売中です。

スキーウェアなどを手がけているだけあって、メッセンジャーバッグも防水性が高いものが多く、便利ですよ。

NM81859は、軽量かつ強度の高いナイロン素材でできています。表面、裏面どちらもコーティングが施され、撥水性も高いバッグです。

生地は柔らかめで使いやすく、体にもぴったりフィットします。ショルダーストラップも取り外しが自由で、柔らかいクッションタイプです。

2位
詳細情報
・メイン素材: ナイロン

定番のメッセンジャーバッグ

マンハッタンポーテージは、1983年からニューヨークで活躍しているバッグブランド。

もともとメッセンジャーバッグをメインに取り扱っていたため、現在も取り扱いが豊富です。

通勤や通学、アウトドアなど、それぞれの用途に応じたバッグを選べることがポイント。

シンプルかつ耐久性の高いバッグは昔も今も、多くの人に愛用されています。

MP1605JRはコンパクトなデザインかつ、270gと軽量で持ちやすいことが魅力です。

A4サイズの書類などは少し曲がってしまうので、B5サイズ程度のものを持ち歩く時に向いています。

3位
詳細情報
・メイン素材 ナイロン

強度の高い生地を使用した、ハードユースにも耐えるメッセンジャーバッグ

モンベルは日本生まれのアウトドア用品ブランド。ダウンジャケットが有名ですが、それ以外にも登山やアウトドアに最適なバックパックなども扱います。

無駄がなくすっきりとしたデザインや、アウトドアに欠かせない軽量性なども兼ね備えたアイテムは、多数のファンを獲得しています。

数々の登山用品を扱うモンベルのメッセンジャーバッグは、ハードな使用にも耐える性能を持っています。

背中に当たる部分は滑りやすい生地を使い、摩擦が起こりにくいデザインです。

また、ウレタンが入っているので硬い荷物を入れても体への負担が少ないことも特徴。

アウトドアで使うメッセンジャーバッグを求めているなら最適です。

4位
詳細情報
・メイン素材 ポリエステル

撥水性に優れたテフロンコーティングが魅力

マグフォースのバッグは耐久性が高く、さまざまな機能も兼ね備えています。

海外では軍隊がオプションとして利用するなど、専門職からも高い支持を得ているブランドです。

ヘビーに利用したい人でも安心して使えるメッセンジャーバッグが取り扱われているので、丈夫で長持ちする商品を探しているならぴったりでしょう。

MF-6052は、ナイロンより強度の高いポリエステルを採用しています。

テフロン加工が施され、撥水効果も優れたアイテム。中はフリース素材でできていて柔らかい質感です。

ショルダー部分も体に密着させられるよう、立体的に作られています。オプションとして、ストラップに小物を取り付けることもできます。

5位
詳細情報
・メイン素材 ナイロン・カウレザー

B4サイズが収納できる大容量

ロリンザは日本人デザイナーが作ったバッグ専門ブランド。

2003年に生まれた比較的新しいブランドですが、スタイリッシュなデザインのアイテムが多く、おしゃれ好きな方にもぴったりです。

B4サイズが収納できる大容量のメッセンジャーバッグは軽量で、持ち運びも楽々。また、カウレザーを使用した高級感のあるデザインが魅力です。

たっぷり入るので通勤や通学でも使いやすく、日常使い用のバッグが欲しいなら検討してみましょう。

6位
詳細情報
・メイン素材 コーデュラナイロン

耐久性と機能性に優れているバッグブランド

ミステリーランチはアメリカモンタナ州を拠点として、日本にも展開している人気のバッグブランド。

プロのハンターや登山家などのために作り上げた専門的なバッグは、機能性が高く耐久性も抜群です。

人気のシリーズ「インベーダー」は、重い荷物に耐えるだけでなく、小物類を収納するポケットも豊富。

ショルダーもクッションが効いているので、肩への負担も少なくなっています。

7位
詳細情報
・メイン素材 コーデュラナイロン

驚異の耐久性、デザイン、機能性を兼ね備えた26Lのメッセンジャーバッグ

クロームはメッセンジャーバッグとバックパックの専門ブランド。

軍用にも使えるほどの耐久性を持ち、ヘビーユーザーにも人気です。デザインはシンプルで、機能性の高さが特徴。

バッグはナイロンと防水仕様の素材が別々に縫製された後、縫い合わせる手間をかけて作られています。

シートベルトバックルを使用しており、体に密着しやすいショルダーが魅力。

ミリタリー向けの厚手生地が使われているため、ダメージに強く長期間使えます。裏地も防水性が高く、天候を問わず使える仕様です。

BG-002は大型で、17インチのノートパソコンにも対応しています。

8位
詳細情報
・メイン素材 ポリエステル

人気の高いメッセンジャーバッグをそのまま小さくしたモデル

グレゴリーは1977年にアメリカのカリフォルニアで生まれたアウトドアブランドです。

主にバックパックを扱っていましたが、現在では多様なバッグを展開しています。

ティーニーメッセンジャーは、小型でちょっとした移動にも最適です。荷物が少ない方でも、手軽にメッセンジャーバッグが使えます。

中にはジッパー付きのセキュリティポケットがあり、小さい荷物もバラバラになりません。

9位
詳細情報
・メイン素材 コットン

フロントのポケットには止水ジッパーを採用

コートエシエルは2008年、パリで設立されたブランド。実用性だけでなく、デザインにもこだわっています。

モバイルアイテムやPCを持ち歩きたい人におすすめです。ガジェット系の収納をメインに考えられているため、防水機能のついたバッグも豊富。

RISS CC-28394は大きすぎず小さすぎず、外出時に使いやすいサイズのバッグです。

止水ジッパー付きのポケットには、モバイルアイテムをしまっておけば安心でしょう。

10位
詳細情報
・メイン素材 ポリエステル

コーデュラ素材を使用し、軽量かつ丈夫

チャムスはアメリカ生まれのアウトドア製品を扱うブランド。1983年から続くブランドですが、最初はサングラスのストラップをメインに手がけていました。

現在ではバッグなども扱っており、機能性の高いメッセンジャーバッグも展開しています。

チャムスのエコメッセンジャーバッグは、防水性が高く環境にも配慮したポリエステル素材です。

留め具はマジックテープで、手軽に開閉できます。A4サイズが収納できる大きめバッグで、デイリーユースにぴったりです。

豊富なカラー展開のため、好みのアイテムが見つかるでしょう。

メッセンジャーバッグの最新売れ筋ランキングもチェック

参考までに、メッセンジャーバッグのamazonと楽天、Yahoo!での最新売れ筋・人気ランキングも御覧ください。

まとめ

自転車通勤・通学を考えている人や、アウトドア向けの丈夫なバッグを探しているならメッセンジャーバッグがおすすめ。

自分の使いたい用途に合わせて選んでみましょう。

サイズや機能、カラーなど総合的に検討して用途に合うものをチョイスすることが大切です。

こちらもよく読まれています
あわせて読みたい

カテゴリから探す