パーマ液おすすめ人気ランキング【2019年最新】使い方や選び方も!

「パーマは美容院でするもの」。そんな固定観念をもっていませんか?今は昔に比べ、自宅でセルフパーマできるパーマ液が沢山販売されており、使い勝手の良い商品が揃っています

「美容院は緊張するし苦手」「忙しくてなかなか美容院に行けない」「美容院はパーマ料金が高い」「でもパーマをかけたい」。まさにパーマ液はそんな方にピッタリです。

実際どのパーマ液を使えばよいのか?迷ったらこちらを参考に選んでください!

パーマ液おすすめ人気ランキング比較一覧

商品画像 特徴 価格 メーカー名 商品名 商品リンク
1
資生堂スキンケアテクノロジーによる極上の仕上がり 2,580円(税込) 資生堂 プロフェッショナル 縮毛矯正剤 クリスタラジングストレート α H ハードタイプ 詳細を見る
2
ガンコなくせ毛1度でまっすぐ! 845円(税込) ウテナ プロカリテ 縮毛矯正セット ショート 詳細を見る
3
幅広い髪質に対応できる 2,494円(税込) デミコスメティクス デミ ウェーボ フィージェ ストレート パーマ液 CAT90 CREAM (パーマ 1剤 400ml)【業務用】 詳細を見る
1
立体的なはっきりとしたカールに 1,386円(税込) アリミノ コスメカール H (パーマ 1剤 詳細を見る
2
しっかりとしたやわらかカール 1,035円(税込) ナプラ エコルテ カーリングローションH(500ml) 詳細を見る
3
進化したνプロアージュ 6,300円(税込) ムツナミ ニュープロアージュプレミアム 詳細を見る
1
パーマ力アップでヘアスタイル自由自在 806円(税込) ダリヤ ベネゼル ウェーブパーマ液(全体用) 詳細を見る
2
髪への負担が少ないシステインパーマ液 1,248円(税込) ダリヤ ベネゼル ウェーブパーマ液 ダメージヘア用 部分用 詳細を見る
3
ハネ、広がりを抑えスタイリングしやすい髪に 452円(税込) ダリヤ ベネゼル ナチュラルストレートパーマ ショートヘア・部分用 詳細を見る

パーマ液を選ぶときに重要なポイント

パーマ液は大きく分けて2種類

市販のパーマ液は大きく分けて「医薬部外品」と「化粧品」の2種類が存在します。

パーマ液自体、医薬部外品のものが多く、縮毛矯正のパーマ液やカラー液も医薬部外品なので同じ日に使えません。

近年増えている化粧品のパーマ液は薬事法に関わらないので、医学部外品のカラー液と合わせて使えます。カラーをもしたいときは購入時に注意しましょう。

主成分で特徴を知っておく

パーマ液に配合される主成分による特徴を知って、購入時の参考にしましょう。

・チオグリコール酸

しっかりと固めのパーマ向きで、健康な髪に適しています。濃度やph値で強さに幅があります。

・システイン

臭いが少なくナチュラルなウェーブやストレート向き。少し弱めのパーマになります。

・システアミン

化粧品のパーマ液で主流。やわらかくなめらかな仕上がりに。高phは傷みやすいことも。

・ブチロラクトンチオール

化粧品のパーマ液。ダメージが少なく感触も良い。臭いが強め。

・サルファイト

昔ながらのパーマ液。刺激が少なく臭いも少ない。ウェーブ力が弱めで細いロッドが必要。

自分の髪ダメージで選ぶ

パーマ液は自分の髪のダメージを知って選ぶことが重要です。 よくカラーをする、日常的にパーマをあてているダメージヘアの方は弱めのパーマ液を。カラーもパーマもしていない健康な髪の方は強めのパーマ液を選ぶと、キレイなパーマヘアに仕上がります。

女性に多いのが健康な髪とダメージを受けた髪の混合しているタイプ。毛先だけパーマやカラーで傷んでいて生え際付近はなにもしていないので健康な髪、といったものです。

全体的にパーマをかける場合、強い液と弱い液は一緒に使えないので上手くパーマができません。 そういう時は生え際もカラーをするなどして、先にダメージレベルを合わせるのがおすすめです。

パーマ液のおすすめ人気ランキング

パーマ液のオススメランキング1~3位【feely】

1位
詳細情報

・内容量:1剤400g、2剤400g

・縮毛矯正、ストレートヘア

・医薬部外品

・原産国:日本

資生堂スキンケアテクノロジーによる極上の仕上がり

資生堂のスキンケア技術によって生み出された、プロご用達の業務用パーマ液「プロフェッショナル縮毛矯正剤・クリスタラジングストレートαH」。1剤と2剤のセットになっています。

椿オイル・ヒアルロン酸配合で保湿効果が高く、液を塗りながらもしっかり保湿。髪のキューティクルを守りうるおいのある、なめらかな仕上がりが期待できます。

「くせ毛がストレートになった」「ストレートの持ちがよくコスパがよい」と口コミで高評価の人気商品です。健康髪・軽いダメージヘア・太い髪の方向き。

2位
詳細情報

・内容量:1剤50g、2剤50g、ホットアイロンマニキュア15g、スムースキープエッセンス5g

・縮毛矯正、ストレートヘア

・化粧品

・原産国:日本

ガンコなくせ毛1度でまっすぐ!

縮毛矯正・ショートヘアや部分用のパーマ液「プロカリテ・縮毛矯正セット」。 くせ毛の原因の毛髪の内部のゆがみを、薬で芯から真っ直ぐに作用。

じわっと温かくなるトリートメント成分が、うるおいをじっくり浸透させて、さらさらのストレートヘアへ仕上げます。 髪にうるおいを与えながら、雨の日にも強い湿気コーティングの成分が働きかける効果も。

「縮毛矯正がこの価格でできる」と話題の商品です。

3位
詳細情報

・内容量:400g

・ストレートヘア

・システアミン・チオタイプ

・化粧品

・原産国:日本

幅広い髪質に対応できる

固く太い髪にも細い髪にも使いやすい「ウェーボフィージェ・ストレートCAT90CREAM」。同シリーズの中でも一番人気の商品です。

特に加齢で髪が細く弾力がないという方や髪がやわらかくクセがつきやすい方に有効。毛髪にしなやかさとふんわり感のあるストレートヘアに仕上げます。

さらにユズセラミドやマカダミアナッツバター配合で、ハリとうるおいのある美髪へと導く効果も期待できます。健康髪~ダメージ少なめの方向き。

パーマ液のオススメランキング1~3位【KAMIU】

1位
詳細情報

・内容量:400mL

・カールヘア

・システアミン

・化粧品

・原産国:日本

立体的なはっきりとしたカールに

日本の美容業界の先駆けとなる、パーマ液を1946年創業から開発してきた、老舗メーカー・アリミノによる業務用パーマ液「コスメカールH」。

髪のダメージが多く傷みがちな方におすすめで、弾力のあるしっかりしながらもやわらかいカールが作れます。

化粧品タイプのパーマ液の中でも、立体的でくっきりとしたカールが作れると好評で、「においが少なく髪が痛みにくい」という口コミでも好評です。

2位
詳細情報

・内容量:500ml

・カールヘア

・システアミン、チオ、シスのトリプル処方

・化粧品

・原産国:日本

しっかりとしたやわらかカール

ナチュラルをプラスする、をコンセプトに天然の厳選した素材で開発するナプラの「エコルテ・カーリングローションH」。

システアミン・チオ・シスの3つの処方で、化粧品ながらも髪にやさしくしっかりとパーマが当たると好評です。

6種類のオーガニックハーブエキスに加え、10種類の植物油などの天然由来成分を配合。短時間でもパーマが当たりやすくニオイも気になりません。

仕上がりはふんわりとしつつも、くっきりとしたカールが作れ、髪ダメージが少ないのも魅力です。

3位
詳細情報

・内容量:1剤80ml、2剤1000ml

・カールヘア

・ブチロラクトンチオール

進化したνプロアージュ

ブチロラクトンチオール(スピエラ)を主成分とするパーマ液「ニュープロアージュプレミアム」。 ダメージヘア向きであまりニオイがしないのが特徴です。

11種類もアミノ酸が配合され、うるおい感がありやわらかいカールに仕上がります。弱酸性で髪への負担が少なく、「パーマがかかりにくい傷んだ髪にでも使用できる」と多くの美容院で愛用されている高品質の商品です。

パーマ液のオススメランキング1~3位【yodobashi.com】

1位
詳細情報

・内容量:1剤100mL、2剤100mL

・ウェーブヘア

・医薬部外品

・原産国:日本

パーマ力アップでヘアスタイル自由自在

ドラッグストアで手軽に買える市販パーマ液の代表格、ベネゼルの「ウェーブパーマ液。強めのしっかりとしたウェーブのパーマを髪全体にかけられます。

ウェーブを長持ちさせる成分に加え、シリコンオイルや植物性スクワラン、ハーブエキスを配合。うるおいを与えながらしなやかでなめらかな髪に仕上がりパサつきません。上品なフローラルの香りでイヤなニオイがないのも嬉しいポイント。

分かりやすい写真付きの説明書が付属しているので、初心者にも使いやすくなっています。

2位
詳細情報

・内容量:1剤50mL、2剤50mL

・ウェーブヘア

・システイン

・医薬部外品

・原産国:日本

髪への負担が少ないシステインパーマ液

続いて2位も同シリーズ・ベネゼルより「ウェーブパーマ液・ダメージヘア用」がランクイン。こちらは髪の成分でもあるシステインを主成分としているので、髪への負担が少ないのが特徴。髪の傷みが気になる方におすすめです。

パーマを美しく、長く保てるシルクプロテインや毛髪保護成分。うるおい成分を配合。なめらかでしっとりとしたやわらかいウェーブに仕上がります。

こちらも分かりやすい説明者が付いているので、初めてロッドを巻く方にもおすすめです。少量でショートヘアの方や部分的にパーマをあてたい方に向いています。

3位
詳細情報

・内容量:パーマ剤50g、アフタートリートメント20g

・ストレートヘア

・チオグリコール酸、システイン

・医薬部外品

・原産国:日本

ハネ、広がりを抑えスタイリングしやすい髪に

手軽で簡単な1剤式の「ベネゼル・ナチュラルストレートパーマ」。ショートヘアや部分的に使用するのに丁度よい量になっています。

髪の内部のゆがみを矯正し水分のバランスを均等に調整し、クセ毛を芯からまっすぐな髪に仕上げます。 うねりがちな雨の日も毛髪をコーティングする成分で、広がらないストレートヘアをキープ。

パーマの仕上げになるアフタートリートメント付きで、パーマでダメージを受けた髪を補修しサラサラに整えます。

パーマ液の使い方3つのポイント

まずは道具を揃える

自宅でセルフパーマするにはパーマ液以外にも準備が必要です。

ウェーブヘアのパーマには

・髪に巻くロッド(ウェーブの細かさによって10~50本ほど)
・輪ゴム(ロッドにゴムが付いていない場合)
・シャワーキャップ
・コールドペーパー

ストレートヘアのパーマには

・ヘアアイロン
・パーマ用ヘアブラシ、容器
・ラップ

を用意しておきましょう。他には

・ワセリンなど
・汚れてもいいタオル数枚
・ケープ
・耳用キャップ
・ヘアピン、ヘアクリップ

などが必要です。 ケープをビニール袋にしたり、パーマ専用の服を着るなど他のもので代用できるものはしてもOKです。

自宅でのセルフパーマのやり方(ウェーブヘア)

髪を塗らした状態のほうがクセがつきやすくなるため、軽くシャワーするかシャンプー後にタオルドライしておきます。

ケープを付け生え際にワセリンを塗り、耳キャップをつけたら準備完了。コールドペーパーとロッドを使い髪を巻いていき、輪ゴムで留めます。

ロッドを巻けたらパーマ液をまんべんなくかけていきます。タオルを首や肩に巻いてこぼれないように全体にかけ、指定時間放置します。

シャワーで軽く洗い流し、次は2液を付けていきます。商品の説明どおりに行い、指定時間待ったら再度洗い流します。シャンプーをするとパーマが取れやすくなるのでトリートメントのみで仕上げるのがおすすめです。

自宅でのセルフパーマのやり方(ストレートヘア)

まずは下準備として髪をシャンプーで洗ってからタオルドライをして、髪が湿った状態でパーマ液を使用します。 ワセリンを生え際に使用しパーマ液で荒れないようにします。耳に入らないように耳キャップもしておきましょう。

ヘアクリップで髪を仕分け、パーマ液(1剤)は根元から1cmくらいの箇所から、毛先に向かってヘアブラシで塗っていきます。たっぷり重ね塗りして浸透させ、指定時間まで放置します。

次にお湯のみでしっかり洗い流し、ドライヤーで乾かします。そのあとヘアアイロンで真っすぐにクセをつけていきます。ヘアクリップで髪を小分けにして丁寧に伸ばしていくのがポイントです。

次に2剤は真っすぐにした髪に固定するように塗っていきます。塗り終えたらラップを巻き10分ほど待ちます。 お湯でしっかり洗い流し、トリートメントしてから再度洗い流して乾かせば完成です。

パーマ液の最新売れ筋ランキングもチェック

参考までに、パーマ液のamazonと楽天、Yahoo!での最新売れ筋・人気ランキングも御覧ください。

 

まとめ

パーマ液の人気ランキングと選び方と使い方をご紹介しました。使ってみたい商品は見つかりましたか?

現代人は忙しく時間が取れずなかなか美容院に行く暇がない、ということも多く自宅でセルフパーマをかける方が多くなっています。
自分でやるには敷居が高いと思いがちですが、今はパーマ液もどんどん進化しています。

自信がない方は、初心者向けのベネゼルのシリーズがおすすめ。不器用な方はまずは毛先だけ試してみたり、家族に手伝ってもらうのが良いでしょう。最初は上手くできなくても慣れてくれば美容院に行くより大幅に時間と価格を節約することが可能です。

興味がある方はぜひ一度パーマ液を試してみてください!

こちらもよく読まれています
あわせて読みたい

カテゴリから探す