市販セルフヘアカラー剤おすすめ人気ランキング【2019年最新】染め方・使い方や選び方も解説!

「今月金欠だけどカラーリングしたい…」、「できるだけ時間をかけずに染めたい…」なんて時のマストアイテムといえばセルフヘアカラー剤。

コスパ抜群で時短にも優れているため、幅広い世代の女性たちから人気を集めています。

この記事では、そんなセルフヘアカラー剤の最新人気ランキングを紹介。また、セルフヘアカラー初心者の方でもムラなく染められる選び方・使い方も併せて解説していきます。

自分に合った最強のセルフヘアカラー剤で、サロン級の仕上がりを手に入れましょう!

セルフヘアカラー剤おすすめ人気ランキング比較一覧

ここでは、セルフヘアカラー剤のおすすめ人気ランキングを、一覧表でチェックすることができます。

時間をかけずにおすすめアイテムをチェックして、すぐにセルフヘアカラー剤を購入したい方にぴったりです。

商品画像 特徴 価格 メーカー名 商品名 商品リンク
1
サロンのような仕上がりに感動! 869円(税込) ロレアル・パリ フェリア 3Dカラー 詳細を見る
2
個性的な色味が魅力! 592円(税込) ホーユー ビューティーン メイクアップカラー 詳細を見る
3
トレンド感のあるエッジィな都会派アッシュに 565円(税込) ホーユー BTMUカラー グレーA ビューティーン ホーユー 詳細を見る
4
根本も毛先もムラなく綺麗に 980円(税込) 花王 リーゼ 泡カラー クールアッシュ 詳細を見る
5
流行のくすみ感を演出するモードアッシュ 797円(税込) ヘンケルジャパン フレッシュライト 泡タイプカラー ベリーアッシュ 詳細を見る
6
まるでプロ仕上げ!大人の落ち着いたオーラを引き出す 598円(税込) ヘンケルジャパン フレッシュライト ミルキーヘアカラー ミントアッシュ 詳細を見る
7
塗りムラを防ぎ、美しい発色をキープするヘアカラー 529円(税込) ヘンケルジャパン サイオス ヘアカラー クリーム 3A アッシュベージュ 詳細を見る
8
ナチュラルなくすみアッシュならトレンド感満載! 1,000円(税込) ナプラ ナシードカラー アッシュブラウン 詳細を見る
9
とことんクールに攻める、シルバー系アッシュが登場 617円(税込) マンダム ギャツビー カラーアクアシルバー 詳細を見る
1
イメージ通りの髪色を再現! 594円(税込) 花王 リーゼ プリティア泡カラー 詳細を見る
2
女性らしいゆるふわカラーが勢揃い! 528円(税込) マンダム ルシードエル ミルクジャムヘアカラー 詳細を見る
3
色選びが楽しくなるヘアカラー剤 545円(税込) ダリヤ 泡パックヘアカラー パルティ 詳細を見る
4
高保湿成分配合で髪に優しいビビッドなヘアカラー 882円(税込) ホーユー ビューティーン ポイントカラークリーム 詳細を見る
5
どの角度から見ても美しい、透明感のあるスタイルへ 1,199円(税込) HFCプレステージジャパン イルミナカラー 詳細を見る
1
カラバリ豊富でリピーター続出中! 656円(税込) ホーユー ミルキィヘアカラー ビューティーラボ 詳細を見る
2
暗色カラーで大人レディに仕上げて 627円(税込) ダリヤ 泡のヘアカラー パルティ 詳細を見る
3
使い心地×使用感抜群で大人気! 1,438円(税込) ホーユー ヘアカラー ビューティーラボ 詳細を見る
4
人気トレンドカラーが大集合! 586円(税込) ホーユー ホイップヘアカラー ビューティーラボ 詳細を見る
5
上質な仕上がり!優しげなマロンブラウンにキュン 2,480円(税込) 資生堂 ベネフィーク ヘアカラー 5W 詳細を見る
6
高発色×長持ちが嬉しい!キュートな個性派ヘアカラー 1,511円(税込) ダリヤ アンナドンナ エブリ ヘアカラー ミンクブラウン 詳細を見る
7
白髪があっても大丈夫!気にせず楽しめるヘアカラー 751円(税込) ダリヤ クレオディーテ ヘアカラーエマルジョン ココナッツブラウン 詳細を見る
8
中性的なナチュラルブラウンでニュアンスチェンジを 864円(税込) 花王 リーゼフォーメン ナチュラルカラークリエイター ナチュラルブラウン 詳細を見る

セルフヘアカラー剤の種類

セルフヘアカラー剤の種類には大きく分けて2つあります。

ここからは、セルフヘアカラー剤の種類について説明していきます。

泡タイプのヘアカラー剤

泡タイプのヘアカラー剤の特徴は、扱いやすく、ムラになりにくいという点。特にセルフヘアカラー初心者にはピッタリです。

そして、泡タイプはいわゆる『髪に負担が少ない』ヘアカラー剤が多い傾向にあります。しかし、一方でクリームタイプよりも染まりにくいというデメリットがあることには注意。

染まりにくい髪質の人は、なかなか思ったように色が入らなかったということにもなりかねません。

泡タイプのカラー剤を選ぶときは、泡のきめ細かさがムラになりにくさに直結するので、そこはしっかりとチェックするようにしましょう。

クリーム(乳液)タイプのヘアカラー剤

クリームタイプのヘアカラー剤の特徴は、髪が染まりやすいというところ。泡タイプと比較すると髪が太くて硬い人でも染まりやすいものが多くあります。

美容院などでプロが使用するのはこちらのタイプがほとんどですね。

しかし染まりやすい一方で、セルフヘアカラー初心者にはムラ無く染めるのが難しく、仕上がりにばらつきが出てしまうことも…。

泡タイプでは染まらなかったという人や、明るめのカラーにしたいと考えている人は、ムラにならないように注意しながらクリームタイプを使うとよいでしょう。

セルフヘアカラー剤の選び方で重要なポイント

ランキングをざっくりチェックしたら、次はセルフヘアカラー剤の選び方のポイントをチェックしましょう。

安いから、パッケージが良さそうだから、などの理由で安易にヘアカラー剤を選んでしまうと頭皮や髪の毛が痛む原因にもなってしまいます。

ここで紹介する選び方を頭に入れながら、おすすめランキングを見ていきましょう。

【セルフカラー剤の選び方①】瞳の色に合わせてみる

セルフヘアカラー剤を選ぶとき、まず何色を選んだら良いのか、迷ったことはありませんか?

基本的に、色を選ぶ際は自分の好みで良いのですが、中には悩む方も多いはず。そんな時は、“自分の瞳の色に合わせて選ぶ”ことがおすすめです。

瞳の色が明るい方は明るいヘアカラーが似合い、瞳の色が暗い方は暗い色との相性が良いとされています。瞳の色を確認する際は、太陽光などの光に瞳を照らすとわかりやすいでしょう。

【セルフカラー剤の選び方②】髪質に合った色を選ぶ

「脱色さえすれば、どんな色でも出せる」と思ってはいませんか?実は、脱色する・しないは問わず、髪質によって出しやすい色とそうでない色があるのです。

例えば硬くて太い髪質の方は、グリーン・ブルー系の色がおすすめ。深みが出やすい髪質なので、濃い色を選べばより映えること間違いなしです。

一方で、柔らかく細い髪質の方は、ピンク・イエロー系の色がおすすめ。透明感の出しやすい髪質なので、抜け感を演出するにはピッタリです。

これらのように、ヘアカラー剤を選ぶときは“髪質”を意識して選ぶのもアリ。どんなヘアカラーにするか迷っている方は、一度自分の髪質を確認してみると良いでしょう。

【セルフカラー剤の選び方③】トレンドに合わせて選ぶ

これは、好みのカラーやしたいカラーが見つからない時におすすめの選び方です。ここで言うトレンドとは、その年または季節ごとでの流行を指します。

トレンドに合わせてヘアカラーを変えれば、オシャレ度アップ間違いなし。また、ヘアカラーはイメージチェンジとしても良いため、季節ごとにヘアカラーを変えれば飽きることもありません

ヘアカラーに迷っているけど、流行は取り入れたいという方は、是非ヘアカラーのトレンドをチェックしてみて下さい。

セルフヘアカラー剤おすすめ人気ランキング

ここからは、お待ちかねのセルフヘアカラー剤おすすめ人気ランキングを1位から順番に紹介していきます。

下位のカラー剤でも魅力に溢れたアイテムばかりなので、特徴を押さえつつ、あなたの要望をかなえるヘアカラー剤を選んでいきましょう!

【アッシュ向け】セルフヘアカラー剤おすすめ人気ランキング

アッシュは近年、流行に敏感な若い女性の間で話題となっているカラー。

でも、アッシュ系のカラーにするには美容院ではダブルカラーの料金になって2万円を超えてしまうことも…。

節約しながらアッシュにしたいという方は、ここで紹介するカラー剤を使って流行カラーを賢く取り入れてみましょう

1位
詳細情報
・内容量:40g+60ml+40g
・原産国:中国
サロンのような仕上がりに感動!

ブリーチをせずに明るい色味が出せると人気なフェリア 3Dカラー。他のセルフヘアカラー剤と比べると、アッシュ・パープル系のバリエーションが豊富です。

また、コラーゲン入りのニュアンスアップトリートメントは、カラーする前よりもサラサラの髪になると話題に。もちろん発色の良さやツヤ感もキープしてくれます。

2位
詳細情報
・内容量:40g+88mL+5mL
・原産国:日本
個性的な色味が魅力!

ネイビーブルーやカーキアッシュといった個性的な色味が揃ったビューティーン メイクアップカラー。ピンク・グリーン・ブルー・グレー系の色を探している方におすすめのセルフヘアカラー剤です。

さらに、発色が良く、ムラになりにくい泡乳液タイプを採用。セルフで仕上げたとは思えないほどの鮮やかなトレンドカラーが手に入ります。

3位
詳細情報
・内容量:40g+88mL+5mL
・原産国:日本
トレンド感のあるエッジィな都会派アッシュに

2位のヘアカラー剤と色違いのこちらのアイテムは、よりシルバー寄りのグレーアッシュカラー。濃くしっかり染まりやすいビューティーンのヘアカラー。

放置しすぎると想像していたよりも黒髪に近い暗い色になるという口コミもあるので、染めるときの放置時間には注意が必要です。

とはいえ、色持ちがとてもいいというわけではないので、しっかりと染めれば最初は暗め、徐々にパッケージから想像できるような色に変化していきます。

もちろん、明るめのカラーなので、カラー前のブリーチは必須。多くの場合、2回ブリーチ後にこちらのカラー剤で染めることで透明感のあるグレーアッシュが完成します。

4位
詳細情報
・内容量:108ml
・原産国:日本
根本も毛先もムラなく綺麗に

泡で出てくるタイプで、素人でも根本から毛先までを均等に染めやすいヘアカラー剤。

ナチュラルシリーズとデザインシリーズの2つがあり、このカラーはデザインシリーズのブルー系アッシュ。

ブルー系のアッシュなので、クールでスタイリッシュな印象、透明感のある仕上がりにしたい方におすすめ。

このカラー剤だけでなく、ブルー系は色落ちが早く、紫シャンプーなどを使ってケアしないとあっという間に黄色っぽくなってしまうので注意。

これより少し色が濃い目なのはニューヨークアッシュですが、どちらも『がっつりアッシュ系にする』というより、『ほんのり透明感のあるアッシュ』に仕上がります。

今の髪色よりも少し抜け感・透明感のある印象にしたいという方にピッタリです。

5位
詳細情報
・内容量:30mL+60mL+15g
・原産国:タイ
流行のくすみ感を演出するモードアッシュ

パッケージに載っているカラーの再現性が高い、発色が良いヘアカラー剤。明るくした髪に使えば、美容室で染めたかのように綺麗に発色します。

色味も流行のくすみカラーに仕上がるので、一気に垢抜けること間違いなし。おしゃれ髪が自宅で叶います。

また、カラー剤特有のキツい匂いがなく、グリーンアップルとカシスの柔らかい香りなのも高評価のポイント。

こちらもモチモチの泡で包み込んで染めるタイプなので、ムラができにくく、初心者にも使いやすいカラー剤です。

潤い成分が配合されていて、髪がギシギシになりにくいところも嬉しいですね。

6位
詳細情報
・内容量:40g+80ml(アフターカラートリートメント15ml)
・原産国:タイ
まるでプロ仕上げ!大人の落ち着いたオーラを引き出す

フレッシュライト ミルキーヘアカラーは、サンフラワーオイル配合で、ツヤのあるなめらかな髪へと導きます。

「子供っぽいカラーは苦手…」「派手なのはちょっと…」という方にぴったりのヘアカラーです。

特におすすめのカラーは、ミントアッシュという緑がかった暗めのアッシュ。元の髪が暗いとやや分かりにくいですが、光に当たると美しい発色が期待できます。

他にも、クリアアッシュ・ミラーアッシュ・ピンクアッシュなど、アッシュ系のカラーが勢揃い。自分好みの色味が見つかること間違いなしです。

7位
詳細情報
・内容量:50g+50g
・原産国:タイ
塗りムラを防ぎ、美しい発色をキープするヘアカラー

サイオス ヘアカラー クリームは、キープ力に優れており、染めたての髪色が長く続きます。

また、8種類のアミノ酸配合で、すこやかな毛髪が実感できると好評です。密着性と伸びの良さに優れたテクスチャーは、塗りムラのない美しい仕上がりを目指せます。

ちなみに3A アッシュベージュは、ナチュラルなくすみ系カラーとなっています。ベージュが混ざっているため、肌なじみの良いナチュラルな色味が楽しめると大人気です。

8位
詳細情報
・内容量:80g
・原産国:日本
ナチュラルなくすみアッシュならトレンド感満載!

プロも愛用しているナプラ ナシードカラーは、グレープシードオイル・マカデミアナッツ油・大豆タンパクといった天然由来の保湿成分を配合。

なめらかでみずみずしい毛髪へと導きます。

カラーは、ナチュラルブラウンやココアブラウン、アッシュブラウンなど。明るさは3~9で、自分の好みのトーンを自由に選べます。

中でも人気なアッシュブラウンは、ややくすみを感じさせるグレイッシュなカラーが特徴的です。

9位
詳細情報
・内容量:105ml
・原産国:日本
とことんクールに攻める、シルバー系アッシュが登場

ギャツビー カラーアクアシルバーは、ブリーチしながらヘアカラーができる優れもの。明るめの色味やビビッドな色味を再現しやすいのが魅力です。

また、カラー剤独特のツンとした香りをおさえ、爽やかなアクアフルーティーの香りを実現しました。

クリスタル処方で、うるおいとツヤ感のある髪へと導きます。

男性用と書かれていますが、もちろん女性の方でも使用可能です。

【傷みにくい】セルフヘアカラー剤おすすめ人気ランキング

ヘアカラーで一番気になる方が多い「傷んでしまうのではないか」問題。

カラー剤によっては、髪や地肌が弱い方はダメージを負ってしまうこともあります。

しかし、近年ではそんな方のために髪や地肌に優しいヘアカラー剤が数多く発売されています。

髪を傷めたくない、しみたりするのがちょっと怖いという方はここで紹介するカラー剤を使用すると良いでしょう。

1位
詳細情報
・内容量:108ml
・原産国:日本
イメージ通りの髪色を再現!

たっぷりのせて揉みこむだけの簡単カラーリングでOK。大容量サイズとなっているため、ロングヘアの方でも1箱で足ります。

また、「パッケージと同じ色になった!」、「ムラなく染まった!」という声が多数。非常に満足度が高いため、幅広い世代の女性から厚い支持を得ています。

特徴はもちもちの泡でムラなく綺麗に染められること、髪を保護する成分とうるおいを与えるローヤルゼリーエキスの効果で髪が傷みにくい点。

髪へのダメージを減らすだけでなく、カラーをしているときに鼻にツンとくる独特の匂いも軽減されているので、匂いに敏感な方にもぴったりのヘアカラー剤です。

2位
詳細情報
・内容量:40g+80ml+5g
・原産国:日本
女性らしいゆるふわカラーが勢揃い!

髪のダメージの原因となるpHを減らし、コラーゲン・椿オイル・シルクエッセンスなどを配合したミルクジャムヘアカラー。

カラー後でも、思わず触りたくなるようなサラサラの髪に仕上げてくれます。

カラーは全5色となっており、抜け感のあるカラーリングが楽しめます。特に、エアリー感溢れるクラシックミルクティや優しげなカフェシフォンが人気です。

このカラー剤は乳液のようなトロッとしたテクスチャなので、塗りやすいところもGOOD。細かく髪をブロック分けして塗る手間も省けるヘアカラー剤です。

3位
詳細情報
・内容量:75ml+75g+5ml
・原産国:日本
色選びが楽しくなるヘアカラー剤

パルティ 泡パックヘアカラーの特徴といえば、思わずキュンとするカラーが揃っているということ。特に、ゆるふわに仕上がるカフェオレシフォンや落ち着いた生チョコワッフルといったカラーがおすすめです。

さらに、もっちり泡の中には、椿オイルや植物性プロテインを配合。カラーをした後のありがちなギシギシ・ゴワゴワ感なしの、指通りなめらかな髪に仕上げてくれます。

4位
詳細情報
・内容量:140g
・原産国:日本
高保湿成分配合で髪に優しいビビッドなヘアカラー

ホーユー ビューティーン ポイントカラークリームは、高保湿成分アルガンオイル配合で、髪をいたわりながら優しく染め上げます。

カラーは、チェリーピンク・ターコイズブルー・コバルトパープルといったビビッドな色味が勢揃い。元の髪が明るいほど、鮮やかでくっきりした色味が楽しめます。

アクセントカラーとして、グラデーションやメッシュ、インナーカラーに使うのがおすすめです。

「派手な色味に挑戦したいけど、ダメージが心配…」という方は、是非こちらのヘアカラーを使ってみてください。

5位
詳細情報
・内容量:80g
・原産国:日本(海外製のものもあり)
どの角度から見ても美しい、透明感のあるスタイルへ

ウエラ イルミナカラーは、数多くのサロンで愛用されている優秀カラー剤です。

イルミナカラーの特徴である、マイクロライトテクノロジーにより、ダメージと色ムラを軽減します。

髪の根元から先まで、どこを切り取っても美しい毛髪に仕上がると好評です。

また、抜け方が綺麗なので、多少色落ちしてしまってもだらしなく見える心配がありません。

透明感とツヤ感に満ちた、外国人風の垢抜けスタイルを作るなら、イルミナカラーがおすすめです。

黒に近い茶色にするセルフヘアカラー剤おすすめ人気ランキング

カラー剤で一番人気があるといっても過言ではない、黒に近い茶色。

髪を染めたことがバレたくない、でも真っ黒の髪は嫌な方や、いきなり派手な髪色は嫌だけど垢抜けたいという方におすすめのカラーです。

特にここで紹介するカラー剤は初心者向けのものも多いので、セルフヘアカラーの入門編にピッタリです♪

1位
詳細情報
・内容量:40ml+80ml+8ml+5g
・原産国:日本
カラバリ豊富でリピーター続出中!

全13色という豊富なカラーバリエーションを誇る、ビューティーラボのミルキィヘアカラー。

ナチュラルブラウンやグラマラスアッシュといった定番カラーの他に、トレンド感溢れるナチュラルグレージュ、キュートなシフォンピンクなどが揃っています。

また、pHコントローラー・アフターカラー美容液付きで、カラー後の髪をなめらかに整えてくれる効果も。液だれしにくい乳液タイプで塗りやすさも抜群です。

2位
詳細情報
・内容量:42ml+63ml
・原産国:日本
暗色カラーで大人レディに仕上げて

付属のネットを使って濃密泡を作る、新感覚セルフヘアカラー剤が登場!根元までムラなく染めることができると好評です。

カラーは暗色・ブラウン系のバリエーションが豊富で、大人めロイヤルブラウンや色気のあるクールラズベリーといったカラーがおすすめです。

さらに、ホホバオイル・椿オイル・ローズヒップオイルなどの美容液成分が配合されており、安心して髪に使用できます。

3位
詳細情報
・内容量:40g+80ml+5ml
・原産国:日本
使い心地×使用感抜群で大人気!

液だれしにくいのに伸びが良い、乳液タイプのセルフヘアカラー剤です。アミノ酸やはちみつといった、髪に優しい成分がたっぷりと配合されています。

明るくなりすぎず、暗くなりすぎないトーンで、大人っぽさを演出できると好評です。長く愛用している方も多く、リピーター続出中の人気商品となっています。

4位
詳細情報
・内容量:40g+80mL+5mL
・原産国:日本
人気トレンドカラーが大集合!

全18色の中から自分のなりたい髪色を探せるホイップヘアカラー。

特にベージュ・ブラウン系の色味が豊富で、ミルクティベージュやクリーミィカプチーノといった人気カラーも揃っています。

濃密もちもち泡の中には、はちみつや天然由来成分が含まれており、髪の保湿・保護に効果的です。

5位
詳細情報
・内容量:45g+45g(トリートメント20ml+40g)
・原産国:日本
上質な仕上がり!優しげなマロンブラウンにキュン

資生堂 ベネフィーク ヘアカラーは、プレカラートリートメント・ヘアカラー・アフターカラートリートメントの3ステップ。

つややかに染まり、ムラのない上質な見た目を叶えます。

「プロ級の仕上がりが欲しい!」「ケアにこだわったものが欲しい!」という方にぴったりのカラー剤です。

特に人気のカラーは、5Wという暖かみのあるマロンブラウン。よりニュートラルなカラーを求めるのであれば、5Nや5Yといったカラーもおすすめです。

6位
詳細情報
・内容量:40g+80ml
・原産国:日本
高発色×長持ちが嬉しい!キュートな個性派ヘアカラー

アンナドンナ エブリ ヘアカラーは、市販とは思えない発色の良さとモチの良さが魅力。また、しっかりと色が入るため、サロン級の仕上がりが実感できると好評です。

カラーは、エレファントグレーやブルーフィッシュ、ラベンダーシェルといった珍しいカラーばかり。

中でも特に人気なミンクブラウンは、深みのあるチョコレートブラウンカラーが特徴です。比較的ナチュラルな印象で、控えめかつ暗めに染まります。

7位
詳細情報
・内容量:40g+80ml+15g
・原産国:日本
白髪があっても大丈夫!気にせず楽しめるヘアカラー

クレオディーテ ヘアカラーエマルジョンは、白髪と黒髪の両方に対応しています。

「白髪染めを使うほどではないけれど、ちょっと気になるな…」「白髪があっても普通のカラーリングを楽しみたいな…」なんて方にぴったりのヘアカラーです。

また、保湿成分スクワラン・ホホバオイル・ローズヒップオイル入りで、ツヤのあるなめらかな仕上がりを実現します。

全10色の中で、一番人気はココナッツブラウンですが、シナモンブラウン・チャイティベージュといったカラーもおすすめです。

8位
詳細情報
・内容量:24ml+46ml(トリートメント8g)
・原産国:日本
中性的なナチュラルブラウンでニュアンスチェンジを

リーゼフォーメン ナチュラルカラークリエイターは、密着力のあるもこもこ泡が魅力的。液だれや飛び散りの心配がないため、初心者でも簡単に扱えます。

黒髪用なので、「ちょっとニュアンスチェンジしたいな…」という方におすすめです。

色はダークアッシュ・ナチュラルブラウン・マットグレイの3色。中でもナチュラルブラウンは、クールな中に暖かみを感じる色味で、男女関係なくなじみやすいのが特徴です。

セルフヘアカラー剤の使い方4つのポイント

セルフヘアカラー剤の正しい使い方ができれば、カラー剤の効果をさらにアップさせることができます。

また、あなたの頭皮や髪を守るためのコツもあるので、使う前にはぜひおさらいしてみてください。

【セルフカラー剤の使い方①】整髪料を使っていないか確認

髪を染める前に気をつけておきたいのが、整髪料をつけていないか確認することです。

少量なら整髪料がついていても染まりますが、油分の多いヘアワックスなどを思いっきり使っている場合は、染まりにくくなったりムラになることも。

染める当日に髪を洗ってから染めると、頭皮に負担となってカラー剤が染みる原因になります。染める前日に髪を洗い、当日はそのままヘアカラー剤が使えるようにしておくといいでしょう。

【セルフカラー剤の使い方②】ブロッキングを行う

カラーリングで一番気にかけたいポイント、それは“ムラなくできるかどうか”です。

そしてこの鍵を握るのが“ブロッキング”。ブロッキングとは、髪全体を各ブロックに分けることです。このブロッキングを行うことによって、ムラのない仕上がりが期待できます。

カラーリングをする際は、まず乾いた髪でブロッキングするところから開始。前髪・両頬・後ろ髪上部・後ろ髪下部と分け、ヘアクリップでとめましょう

染め始める部分は、後ろ髪下部から。この時、顔や首に付かないように気を付け、付いたとしても素早くティッシュや濡れタオルで拭き取りましょう。

【セルフカラー剤の使い方③】十分な量のヘアカラー剤を使用する

カラーリングする際は、髪の長さによってセルフヘアカラー剤の使用量が変動します。適正量はパッケージに記載されていますが、基本的にショートヘアは1箱、セミロング・ロングは2箱です。

カラーリングでは、十分な量のヘアカラー剤がないと、ムラを作ってしまう原因になることも。適正量以下でカラーリングをすることは避け、余裕のある量を用意しましょう。

【セルフカラー剤の使い方④】アフターケアを忘れずに

セルフヘアカラー剤でカラーリングを終えた後は、アフターケアが大切。カラーリングで傷んだ髪の毛は、トリートメントで優しくケアしてあげましょう。

基本的に、セルフヘアカラー剤にはアフターケア用のトリートメントが付属されているため、自宅にトリートメントがなくても安心です。

付属されているトリートメントは、市販のトリートメントとは違い、カラーリングで損傷されたダメージを補修する効果があります。そのため、カラーリング後には必ず使うことをおすすめします。

セルフヘアカラー剤の最新売れ筋ランキングもチェック

参考までに、セルフヘアカラー剤のamazonとYahoo!での最新売れ筋・人気ランキングも御覧ください。

 

まとめ

この記事では、人気のおすすめセルフヘアカラー剤をランキング形式で紹介してきました。

セルフヘアカラー剤は、自宅で手軽にイメージチェンジができる優れもの。セルフでできるため簡単ですが、その分ムラになりやすいため、使い方に注意も必要です。

しかし、時間もお金も掛からないセルフヘアカラー剤は使い方と選び方を間違えなければコスパは最強。是非、自分に合ったヘアカラー剤で、理想の髪色を手に入れましょう。

こちらもよく読まれています
あわせて読みたい

カテゴリから探す