ドライヤーおすすめ人気ランキング25選【2019年最新】使い方や選び方も徹底解説!

髪を手早く乾かすためのドライヤー。最近は髪をいたわるための独自機能がついている商品も多く、髪を大切にしたい方を中心に人気となっています。

目的に合わせたドライヤーを選べば、濡れた髪も乾かしやすく、なおかつスタイリングもしやすくなるもの。

しかし、自分の目的に合わないドライヤーを選んでしまうと、乾きにくく時間がかかってしまうなど、毎日のヘアドライが憂鬱に…

そこでこの記事では、様々な視点からおすすめの人気ドライヤーをご紹介。さらに、ドライヤーの選び方や使い方も合わせて徹底解説していきます。

この記事を読んで、あなたにピッタリのドライヤーを選べば、あなたのヘアブロータイムがより良いものに変わること間違いなしです!

ドライヤーおすすめ人気ランキング比較一覧

ここでは、人気ドライヤーのおすすめランキングを一覧表でサラッと比較することができます。

どのドライヤーも特色があり、値段も様々。気になるアイテムを見つけたら、『詳細を見る』ボタンを押して、さらに詳しい解説をチェックしてください。

商品画像 特徴 価格 メーカー名 商品名 商品リンク
1
ナノイー&ダブルミネラルで、摩擦ダメージ、紫外線に強い髪へ 14,136円(税込) パナソニック ナノケア EH-NA99 詳細を見る
2
髪本来の輝きをヒートコントロール機能で 46,700円(税込) ダイソン Supersonic HD01 ULF IIF 詳細を見る
3
大風量で、パワフル乾燥 5,600円(税込) パナソニック イオニティ EH-NE69 詳細を見る
4
乾かしながら頭皮ケアまで出来る新発想のスカルプ家電 19,400円(税込) ヤーマン スカルプドライヤーロゼ HC-9N 詳細を見る
5
業界トップクラスの大風速でスピードドライ 15,820円(税込) テスコム プロテクトイオンドライヤー NIB3000K 詳細を見る
6
使うほどに髪潤う 38,000円(税込) リュミエリーナ レプロナイザー3DPlus REP3D-G-JP 詳細を見る
7
髪を乾かしながら頭皮のケアも出来るドライヤー 14,800円(税込) シャープ プラズマクラスター スカルプエステ IB-HX9K 詳細を見る
8
短時間のドライにより、髪へのダメージを軽減 3,980円(税込) コイズミ ダブルファンドライヤー KHD-W710 詳細を見る
9
髪が喜ぶ、進化したドライヤー 8,300円(税込) サロニア モイストイオンドライヤー 詳細を見る
10
長く使える!耐久性に優れたお手入れ可能なドライヤー 4,780円(税込) テスコム ノビー ヘアドライヤー 詳細を見る
11
短時間で乾かせる!速乾性抜群の大風量ドライヤー 3,975円(税込) コイズミ ヘアドライヤー モンスター 大風量 詳細を見る
12
遠赤外線×天然ミネラル鉱物の力ですこやかな美髪へ 16,960円(税込) クレイツ ホリスティックキュア ドライヤー 詳細を見る
13
シンプルな設計&コンパクトサイズで収納に困らない! 2,999円(税込) 小泉成器 ヴィダルサスーン ヘアドライヤー ピンク シリーズ マイナスイオン 詳細を見る
14
低温でのんびり乾かしたいなら置き型ドライヤーがぴったり 4,351円(税込) アイリスオーヤマ 置き型 ドライヤー ハンズフリー 詳細を見る
15
電磁波を大幅にカット!髪と頭皮に優しいドライヤー 15,120円(税込) ゼンケン 電磁波低減ヘアドライヤー 詳細を見る
16
毛髪のプロが開発!超美振動ですこやかなうるおい美髪へ 12,700円(税込) フロンテ エクステラ P-UP テラヘルツ ドライヤー 詳細を見る
1
折りたたんでコンパクトに収納 1,680円(税込) 泉精器製作所 マイナスイオンドライヤー ピンク DR-RM36-P 詳細を見る
2
使い勝手とコスパ抜群! 1,164円(税込) パナソニック ターボドライ1200 ピンク EH5101P-P 詳細を見る
3
エアダイヤルで髪をいたわりながらブロー 1,644円(税込) テスコム ヘアードライヤー ブラック TD121-K 詳細を見る
4
コンパクトでも風量1.3㎥/分のターボドライ 1,700円(税込) パナソニック イオニティ ピンク EH-NE18-P 詳細を見る
5
1.6㎥/分の大風量でパワフル乾燥 2,880円(税込) パナソニック イオニティ ピンク調 EH-NE38-P 詳細を見る
6
うるおいながらスピードドライ 3,340円(税込) テスコム ione マイナスイオン シルキーゴールド TID134-N 詳細を見る
8
たっぷりのマイナスイオンが嬉しい折りたたみ式ドライヤー 2,780円(税込) 泉精器製作所 IZUMI マイナスイオンドライヤー DR-RM56-P 詳細を見る
9
自由に風量が選べる!高級感抜群の優秀ドライヤー 2,980円(税込) コイズミ モノクローム ヘアドライヤー マイナスイオン 詳細を見る
10
コスパ抜群で静音設計を実現した高性能ドライヤー 1,665円(税込) テスコム naturam マイナスイオンヘアードライヤー 詳細を見る

ドライヤーの選び方の重要なポイント

ランクインしているドライヤーの詳しい解説を見る前に、ここではドライヤーの選び方のポイントを解説していきます。

デザインやブランドなどで適当に選んでしまいがちなドライヤーですが、値段が安くても多くの機能を持ったものも多くなっています。

【ドライヤーの選び方のポイント①】風量やワット数で選ぶ

ドライヤーを使っていると、髪が乾きにくいものと短時間で髪が乾くものがあります。なぜなら商品によって風量が異なるためです。

短髪の場合はそれほど気にならないかもしれませんが、風量が多いほど素早く髪が乾かせます。さらに、ワット数も大切なポイント。

風量とワット数は比例しませんが、ワット数が大きいものは他の電気製品と使うとブレーカーが落ちてしまう原因にもなります。

一度に使用できるワット数が少ない場合は、他のものと使っても影響がない程度の省エネ製品がおすすめです。

【ドライヤーの選び方のポイント②】風の温度で選ぶ

昔のドライヤーは高温の熱風と冷風の2種類でしたが、現在は熱風の温度が適度に調節されているものが増えています。

低温タイプのドライヤーは、髪や頭皮に負担をかけにくいためおすすめです。

髪の乾燥や傷みが気になる場合は、低温タイプを選びましょう。製品によって風の温度は違いますが、一般的なドライヤーでは100℃前後です。

低温タイプなら60℃くらいの風で、優しく髪を乾かせます。

【ドライヤーの選び方のポイント③】マイナスイオンやナノケアなどの追加機能で選ぶ

付加機能がついているドライヤーを選ぶのも良いでしょう。マイナスイオンやナノケア機能がついているドライヤーは、髪をいたわりながら乾かせます。静電気が起きにくいなどメリットも大きいため、おすすめです。

また、静音機能がついているドライヤーなら、夜間に大きな音を出したくない人でも使いやすいでしょう。自分に適した付加機能がついているものを選べば、より適切に使えます。

ドライヤーの人気メーカー

次は、ドライヤーの人気メーカーをご紹介します。

高い品質のドライヤーを販売している信頼性が高いメーカーばかりなので、迷ったらここで紹介するブランドの購入をおすすめします。

パナソニック(Panasonic)

言わずと知れた電化製品メーカー・パナソニック。美容家電でもその歴史は長く、常に改良を重ねて高品質なドライヤーを発売してきました。

パナソニックのドライヤーの特徴は、高品質のアイテムでも価格がとても安いこと。

発売している商品の種類も多く、2019年現在で23種類ものドライヤーを販売しています。

また、パナソニックのヘアドライヤーはコンパクトタイプが多く、折り畳むことができる型のものがほとんど。

小さいボディながらパワフルで、収納する場所が狭い日本の洗面所にぴったりな設計です。

ダイソン(dyson)

その革新的な技術でユーザーに感動と驚きを与えてきたダイソン。その技術力はドライヤーの商品開発でも発揮されています。

ダイソンのドライヤーの特徴は、見てわかる通り『羽がない』特殊なフォルム。まさに、他にはないデザイン性とコンパクトさ、プロ仕様のパワーを実現しています。

特にパワーに関しては、ドライヤー業界で随一。短時間で乾かすことができるため、髪へのダメージを軽減することができます。

テスコム(TESCOM)

GOODデザインアワードを受賞したプロ仕様のドライヤーを筆頭に、安いものから高いものまで幅広い製品を製造しているテスコム。

特に高価格帯のNobbyは、美容師の認知度90%・サロンでの使用率70%と、プロからの圧倒的な支持を得ているドライヤーです。

ハイモデルでは電源を抜くときに抜きやすいプラグになっていたり、フィルターが水洗いできたり、スタンドを使ってハンズフリーでドライができたりと、痒いところに手が届くのも嬉しいポイント。

コラーゲンイオンやプロテクトイオン、マイナスイオンなど、イオンの使い分けをしているのもテスコムならではの特徴です。

安い価格帯でも機能のバランスが良く、使い勝手の良いブランドです。

コイズミ(KOIZUMI)

家具家電メーカーとして有名なコイズミも、長い歴史を持つヘアドライヤーメーカーです。

コイズミは代理店機能も持っている会社なので、国内外にある著名メーカーの販促なども行っています。

また、各メーカーや販売店と情報共有しているため、よりユーザーに寄り添った商品開発を得意としています

ドライヤーの価格は安いものから高いものまでありますが、全体的には高すぎもせず、安すぎない中程度の価格帯のものが多め。

安すぎるのも不安だけど高すぎるのも嫌という方にはピッタリなブランドです。

シャープ(SHARP)

日本を代表する家電メーカー・シャープ。シャープといえばプラズマクラスターという独自技術を使った家電という印象が強い方も多いのではないでしょうか。

もちろん、ドライヤーを始めとするヘアケアアイテムもその例外ではありません。

プラズマクラスターのプラスとマイナス2つのイオンで、水・酸素の力を借りて髪をまもり、うるおいを与えることができます。

キューティクルを引き締める効果が期待できる『ビューティーモード』など、プラズマクラスターを始めとする“髪を美しくする”機能が多彩です。

温度調節機能も細かいため、気温にあったヘアドライが叶います。

ドライヤーおすすめ人気ランキング

ここからは、お待ちかねの各種ドライヤーおすすめ人気ランキングをご紹介していきます。

口コミでも高評価で、専門家からも評判のアイテムが勢揃い。あなたのお気に入りのドライヤーがきっと見つかるはずです。

プロ仕様のドライヤーおすすめ人気ランキング16選

詳細情報
・本体サイズ:250mm×125mm×88mm、本体重量365g
・国内専用品(100V対応)/消費電力:400W
・電源コード長さ:約2m
世界初の遠赤外線ヒーターでヘアケアとスカルプケアを同時に叶える

特許を取得している世界初の遠赤外線ヒーターを使用した高性能ドライヤー。従来の常識を覆す、『熱くない』ドライヤーです。

熱くない最大の秘密は、カーボンヒーターを使った『遠赤外線』の放射にあります。熱によって簡単に損傷してしまうデリケートな髪の毛を、50~60度のソフトな温感でドライ・ケアすることができるんです。

使い方も従来のものとは違い、頭皮に密着させて髪を乾かします。頭皮をほぐしながら使うことができるので、ヘアエッセンスが2倍浸透するようになったり脱毛予防効果があったりと、メリットは目白押し。

一方で、頭皮に直接当てるからこそ気になる、電磁波への対策もしっかりしています。

一般のドライヤーに使われているコイルや雲母板を使用しておらず、発生する電磁波も約57%カット。お子様や妊婦さんでも安心できる細かい配慮は高評価のポイントです。

しかも、これだけの高性能でありながら騒音も少なく(58db=会話レベル)、夜でも家族や隣人への騒音を気にすることなく使うことができます。

公式サイトではこのような商品には珍しい後払いも対応しており、商品を確認してから安心してお支払いをすることができます。

1位
詳細情報
・本体サイズ:幅21×高さ22.7×奥行9cm、本体重量(kg):0.575
・国内専用品(100V対応)/消費電力:1200W
・生産国:タイ
・付属品:セットノズル
・電源コード長さ:約1.7m
・温風温度:ホット時125℃(ドライ・室温30℃の時)
ナノイー&ダブルミネラルで、摩擦ダメージ、紫外線に強い髪へ

温風の温度は約125℃ですが、スカルプモードが搭載されているため低温の60℃でも髪が乾かせます。ターボモードもあり、風量は自由に調節可能です。

パナソニックの独自技術でもある「ナノイー」機能も搭載。微粒子イオンが髪を優しく包みます。

静電気抑制やミネラルを含んだマイナスイオン発生など、搭載機能が豊富なこともポイントです。モードが5種類から選択でき、風量と風の温度を組み合わせて毛先ケアや地肌ケアができることも魅力。

また、毛先集中ケアモードで、毛先までツヤのあるまとまりのよい髪へ仕上がります。

様々なモードであらゆる願いを叶える、まさに最強と呼ぶにふさわしいドライヤーです。

2位
詳細情報
・生産国:マレーシア(商品によって違いあり)
・消費電力:最大1200ワット
・コードの長さ:1.9m
髪本来の輝きをヒートコントロール機能で

独特な丸い形のフォルムが特徴。風量は1分あたり2.4立方メートルとかなり多めです。

ナオナスイオンを発生させ、静電気を抑える効果があることも特徴。インテリジェント・ヒートコントロール機能つきのため、室温や状況に合わせて風の温度が変化します。

髪を熱しすぎることなく、ダメージを防げる仕様です。メーカー保証が2年ついているため、万が一故障した時でも相談できることもポイント。

3位
詳細情報
・生産国:タイ
・消費電力:1200ワット(ターボ・ノズル装着なし)
・コードの長さ:約1.7m
大風量で、パワフル乾燥

1分間に1.9立方メートルの大風量で、しっかり髪を乾かします。風の温度はターボ×ホット時は約85℃、ドライ×ホット時で約105度です。

ドライヤーの持ち手には、イオンチャージパネルが搭載されています。握るだけで髪の電気を逃がして、マイナスイオンを引きつけることが特徴。

温風と一緒に冷風が出てくる「温冷ツインフロー」モードも搭載されています。

速乾ノズルも使用可。外付け吹き出し口のため、発生させたマイナスイオンを広範囲に届けることができます。

安価のため機能やモードは多くありませんが、手早く乾かしながらイオン補給がしたい方におすすめ。

4位
詳細情報
・生産国:中国
・消費電力:約930ワット
・コードの長さ:約1.8m
乾かしながら頭皮ケアまで出来る新発想のスカルプ家電

専用のスカルプヘッドを使えば、頭皮マッサージも可能。遠赤外線の効果で、60℃の低温でもしっかり乾かせるスカルプ系ドライヤーです。

乾燥を防いで頭皮もしっかりケアできる優れもの。音波振動機能も搭載し、マッサージと頭皮を温めることによる血行改善が期待できます。

また、冷風と音波振動をダブルで利用することで美容成分や育毛成分が1.5倍浸透します。洗い流さないトリートメントや頭皮改善のためのスキンケア用品、育毛剤などを使う時にぴったりです。

5位
詳細情報
・生産国:日本
・消費電力:1300ワット
・コードの長さ:1.8m
業界トップクラスの大風速でスピードドライ

サロンのドライヤーはすぐに乾くと感じている方は多いのではないでしょうか。

プロテクトイオンドライヤーは、業務用ドライヤーのモーターとファンを採用している、まさにプロ仕様のアイテム。従来品の1.5倍の風量で、髪がすぐに乾くドライヤーなんです。

約7割の美容院で採用されている「ノビー」と提携して作られたこの商品。プロテクトイオンは静電気を抑制し、髪を美しく保ちます。

熱によるダメージを軽減できるケアドライフードや、2種類の切替スイッチで温度や風量を自由に設定できる機能も備えているため使いやすい商品です。

6位
詳細情報
・生産国:記載なし
・消費電力:約1200ワット
・コードの長さ:2.6m
使うほどに髪潤う

スタイリッシュなデザインと、速乾性が魅力的なドライヤー。髪を乾かす時間が短くなると通常は乾燥しやすくなりますが、レプロナイザーは独自のバイオプログラミングでしっとり保湿された髪が続きます。

熱によるダメージを防ぐよう設計されているため、ドライヤーで髪が傷む心配がありません。サロンでも注目されている商品です。品薄状態が続いているため、購入の際は信頼できる場所を選びましょう。

7位
詳細情報
・生産国:記載なし
・消費電力:最大約1200ワット
・コードの長さ:約1.7m
髪を乾かしながら頭皮のケアも出来るドライヤー

かっさアタッチメントを装着すると、頭皮マッサージができる仕様です。頭皮マッサージを行う時に選ぶスカルプモードは約50℃の低温で、じっくりマッサージができます。

ターボ使用時の風量は約1.7立方メートルです。地肌や頭皮ケアに特化したアイテムのため、4つのモードで風の温度を変更できます。

ホットモードは約95℃ですが、髪表面を乾かすウォームモードなら75℃と低めの温度で乾かせます。

地肌ケアのためのスカルプモードと、冷風が出てくるコールドモードの4種類の温度帯で髪の傷みが気になる方も安心。シャープ独自のプラズマクラスターイオンが発生し、髪を美しく保ちます。

温風と冷風を交互に出すビューティモードも搭載。髪のケアはもちろん、頭皮のケアも死体という方におすすめのスカルプ系ドライヤーです。

8位
詳細情報
・生産国:中国
・消費電力:1200~1400ワット
・コードの長さ:約1.7m
短時間のドライにより、髪へのダメージを軽減

1分あたり2立方メートルの大風量で、パワフルに髪を乾かします。短時間できちんと髪が乾くため、忙しい方にもぴったり。

マイナスイオン機能も搭載され、髪のケアも叶います。海外の110Vにも対応しているため、海外旅行・出張などにも便利な仕様です。

機能は必要最低限にとどまっていますが、風量と使い勝手の良さを重視する方にぴったり。風が強いため、ドライヤーの音が気になる方には不向きです。

低温モードなどは搭載されていませんが、弱めの風や冷風モードは搭載されています。

高価格帯のドライヤーにあるような多くのモードを搭載しているわけではありませんが、パワフルさと髪へのダメージケアに関しては引けを取りません。

無駄な機能はいらない、でも質の高いドライヤーが欲しい、という方におすすめのアイテムです。

9位
詳細情報
・生産国:中国
・消費電力:1200ワット
・コードの長さ:1.8m
髪が喜ぶ、進化したドライヤー

風の温度が30℃、60℃、100℃の3段階に調節できます。風量は2段階での調節。

1分あたり1.99立方メートルの風が吹くため、髪は比較的早く乾きます。折りたたみ収納に対応し、コンパクトに保管できるタイプ。

ヘアケアモードも搭載しているため、髪をいたわりたい方にもぴったりです。掃除が簡単なフィルター構造で、手間も軽減できます。

10位
詳細情報
・重量:700g
・消費電力:1200W
長く使える!耐久性に優れたお手入れ可能なドライヤー

ノビー ヘアドライヤーは、毛髪やほこりの内部侵入をブロック。それに加え、優秀な高性能フィルターを採用しています。

こちらのフィルターは水洗い可能で、お手入れしやすい設計を実現。少しでも長く使い続けられるよう、構造の細部にまでこだわっているのが魅力です。

比較的風量は多いほうなので、ロングヘアーでも申し分なし。風量に対し、音が静かなのもポイントです。一気に手早く髪を乾かしたい方におすすめのドライヤーと言えます。

11位
詳細情報
・重量: 675g
・消費電力:1200W~1400W
短時間で乾かせる!速乾性抜群の大風量ドライヤー

コイズミ ヘアドライヤー モンスター 大風量は、ダブルファン構造で速乾性を高めました。

マイナスイオン搭載かつ短時間で乾かせるため、髪へのダメージも少なくて済みます。

ただし、やや音が大きいので、夜中に使うことが多い方は注意が必要。

一方、「とにかく早く乾かしたい…」「忙しい朝でも使えるドライヤーが欲しい…」という方には、ぴったりのドライヤーと言えるでしょう。

ちなみにカラーは、ブラック・ホワイト・レッドの3色から選べます。

12位
詳細情報
・重量:405g
・消費電力:1500W
遠赤外線×天然ミネラル鉱物の力ですこやかな美髪へ

遠赤外線によって、髪にツヤとうるおいを与える、クレイツ ホリスティックキュア ドライヤー。

ドライヤー内部には、天然ミネラルを含んだ鉱石が加工されており、乾かすだけでサラサラの美髪が叶います。

さらに、耐久性と回転率に優れたBLDCモーターを搭載。風をムラなく均一に届けるため、乾き残しが少ないのも魅力です。

重量は405gで、ドライヤーの中ではかなり軽いほう。ストレスフリーかつ片手で乾かしやすいのがメリットです。

13位
詳細情報
・重量:560g
・消費電力:1200W
シンプルな設計&コンパクトサイズで収納に困らない!

ヴィダルサスーンのヘアドライヤー ピンク シリーズ マイナスイオンは、風速の高いシロッコファンを採用。髪の根元から毛先まで素早く乾かします。

また、温風・冷風切り替えが簡単で、取扱いに悩むこともありません。風量はやや控えめですが、マイナスイオンの効果により、ツヤのあるサラサラヘアーに仕上がります。

さらに、持ち手をクルッとひねるだけで、収納しやすいコンパクトなサイズに折りたためるのもポイントです。

14位
詳細情報
・重量:665kg
・消費電力:1200W
低温でのんびり乾かしたいなら置き型ドライヤーがぴったり

アイリスオーヤマ 置き型 ドライヤー ハンズフリーは、「テレビを見ながら…」「スマホを触りながら…」など、“ながら乾かし”ができると好評。

低温ドライで火傷を防ぎ、マイナスイオンの力でサラツヤ髪に仕上げます。

さらに、ドライヤーの口が大きいため、風量も多いのが特徴。熱を均等に与え、効率よく乾かします。

また、低騒音化設計により、夜中でも安心して使えるのが魅力。角度は4段階調節可能となっており、首が疲れることもありません。

15位
詳細情報
・重量:550g
・消費電力:1000W
電磁波を大幅にカット!髪と頭皮に優しいドライヤー

ゼンケンの電磁波低減ヘアドライヤーは、電磁波を大幅に低減させる特殊ハニカム構造を採用。遠赤外線とマイナスイオンの力で、髪と頭皮を優しくいたわりながら乾かします。

また、温度が一定に保たれるため、髪の水分を奪いすぎないのが魅力。うるおいに満ちたツヤ髪を目指すなら、こちらのドライヤーがおすすめです。

さらに、熱がこもりにくい温風集中ブローノズルで、快適なブロータイムが過ごせると高評価を集めています。

16位
詳細情報
・重量:450g
・消費電力:1000W/500W
毛髪のプロが開発!超美振動ですこやかなうるおい美髪へ

エクステラ P-UP テラヘルツ ドライヤーは、ヘアサロン業界に携わるプロの共同開発で作られた、低温設計×超美振動搭載の画期的なドライヤーです。

超美振動とは遠赤外線の一種で、空気中や髪の水分を微粒子化する力を持っています。それを髪へ届けることで、うるおいに満ちた美髪が実現。

また、電磁波を和らげる効果があるため、うねりや引っ掛かりといった毛髪トラブルで悩むこともありません。

「ドライヤー後は髪がパサつく…」「乾燥で毛髪同士の引っ掛かりが激しい…」という方におすすめのドライヤーです。

激安ドライヤーおすすめ人気ランキング10選

1位
詳細情報
・サイズ:幅197×奥行76×高さ208(折畳み時高さ:126)mm
・電源:AC100V 50/60Hz
・消費電力:〔quick dry時〕1200W/〔hair care時〕600W
・風量:約1.2m3/分
・温風温度:〔quick dry〕約90℃/〔hair care〕約60℃
・電源コード長:約1.8m
・本体重量(kg):0.44
折りたたんでコンパクトに収納

折りたたみハンドルを採用しているので、コンパクトに収納できます。

ヘアケアモードがついており、髪をいたわりながら頭皮までじっくりと乾かせます。クイックドライモードでは、1.2m3/分の風量で、時間をかけずにスピーディにスタイリングできます。

ドライヤーの中ではかなり手頃な価格で、シンプルなドライヤーがいいという方におすすめです。

2位
詳細情報
・本体サイズ:高さ20.8×幅18.9cm×奥行き7.9cm、本体重量:0.395kg本体重量:0.395kg
・電源:AC100V
・消費電力:1200W/600W 2段切替
・温風温度:110℃(TURBO・室温30℃の時)
・風量:1.1㎥/分(TURBO時)
・電源コード長さ:1.7m
使い勝手とコスパが抜群!

「パナソニックターボドライEH5101P-P」は、1200Wで1.1㎥/分のターボ機能を搭載したドライヤーです。目的に合わせて、3つの風量(TURBO・set・cold)が選べます。

見た目は小ぶりで、コンパクトなので旅行や持ち運びにも便利。ポップでキュートなピンク色がかわいいと人気です。

3位
詳細情報
・サイズ:高さ213×幅275×奥行83mm
・重量:480g
・消費電力:1200W/約600W
・ターボ機能:プッシュロック式
・機能、特徴:エアスリット、エアダイヤル、TURBO、ハンズフリー形状
・電源:AC100V 50/60Hz
エアダイヤルで髪をいたわりながらブロー

エアダイアルで髪をいたわりながらブローできます。また、ハンズフリー形状で、ドライヤー本体が自立するため、両手でスタイリングできます。

ドライヤーは長時間使用すると熱くなることがありますが、こちらはエアスリットから外気を取り込み温風の温度が上がりすぎないように配慮されています。また、髪の乾かしすぎを防ぐこともできます。

4位
詳細情報
・本体:高さ20.8×幅18.9×奥行7.9cm、本体重量(kg):0.405
・電源方式:交流式
・温風温度:約110℃(ターボ時)
・風量:1.3㎥/分(ターボ時)
コンパクトでも風量1.3㎥/分のターボドライ

温風とマイナスイオンの吹出口を分け、マイナスイオンに含まれる水分を温風の熱から守るモイスチャーセーブ方式を採用しています。マイナスイオンが髪表面をコートし、サラサラツヤツヤな髪へ仕上げます。

重さが405gと軽いですが、風量は1.3㎥/分あるのでしっかりと髪を乾かせます。コスパが良いと人気です。

5位
詳細情報
・本体:高さ21.1×幅20.1×奥行7.9cm、本体重量(kg):0.475
・電源コードの長さ:170cm
・温風温度:約80℃(ターボ時)/約100℃(ドライ時)
・風量:1.6㎥/分(ノズル装着なしの時・ターボ時)
1.6㎥/分の大風量でパワフル乾燥

1.6㎥/分の大風量でパワフルに髪を乾燥できます。温風とマイナスイオンの吹出口を分け、マイナスイオンに含まれる水分を温風の熱から守る、モイスチャーセーブ方式を採用しています。

マイナスイオンを髪にしっかり届け、髪表面をコートし、サラサラでツヤツヤな髪へ。

このドライヤーの特徴は、何よりもドライ能力が高く、それでいてマイナスイオンを搭載していること。

この安い価格で、このパワーと機能があるものは他を探してもなかなか見当たりません。シンプルなドライヤーを求めている方におすすめです。

6位
詳細情報
・サイズ:高さ216×幅272×奥行83mm
・本体重量:570g(フード付き)
・温風温度:120℃※DRY-TURBO-OFF時(周囲温度30℃の場合)
・原産国:中国
・電源:AC100V 50/60Hz/消費電力:1200W
・風量:1.0㎥/分
うるおいながらスピードドライ

大風速&ダブルマイナスイオンで、うるおいながら素早く乾かせます。両サイドから空気を取り込む大風速ファン構造で風が速く吹き出し、髪をよりスピーディに乾かすことができるスグレモノ。

外気を取り込みながら髪を乾かすので、温風温度の上昇や乾かし過ぎを防ぎます。

また、本体を立てかけられる構造になっているため、両手で自由にスタイリングできます。

注意点は、折りたたむことができないというポイント。洗面台が狭い、収納の場所が無い、という方には少し不便になってしまいます。

激安感でいくとそこまでのインパクトはありませんが、3000円付近の価格帯で本格派アイテムを探すならテスコムのこのドライヤーがぴったりです。

8位
詳細情報
・重量:489g
・消費電力:1200W/600W/111W
たっぷりのマイナスイオンが嬉しい折りたたみ式ドライヤー

IZUMI マイナスイオンドライヤー DR-RM56-Pは、2カ所からマイナスイオンが発生。

口コミでは、「髪全体を優しく包み込んでくれる!」「髪の手触りが良くなった!」と好評です。

また、集風ノズル付きで、大風量を一点に集中させます。非常に乾くのが早いため、忙しい朝のブローでも大活躍します。

さらに、大人可愛いフェミニンなデザインも見所です。

コンパクトな折りたたみ式なので、収納やスペースに困ることがありません。旅行や出先などで重宝すること間違いなしです!

9位
詳細情報
・重量:440g
・消費電力:1200W/600W
自由に風量が選べる!高級感抜群の優秀ドライヤー

モノクローム ヘアドライヤー マイナスイオンは、パワーアップノズル搭載で髪をスピーディーに乾かします。

ロー・ハイ・ターボの3スピード切り替えが可能なので、自分好みの風量を選んでみてください。

また、遠赤セラミックコーティング&マイナスイオンの力で、傷んだキューティクルや乾燥した頭皮を守ります。

さらに、高級感のあるスタイリッシュなデザインで高見え間違いなしです!

10位
詳細情報
・重量:420g
・消費電力:1200W
コスパ抜群で静音設計を実現した高性能ドライヤー

テスコムのnaturam マイナスイオンヘアードライヤーは、キューティクルの傷みやはがれを抑え、まとまりやすいなめらかな髪へと導きます。

また、空気の吸い込み率をアップさせ、夜でも気にならない静音設計に仕上げました。

温風と冷風の風量を同じにしたのも嬉しいポイントです。

マイナスイオンドライヤーの中ではかなり安い方なので、とにかくコスパが良い商品を探している方におすすめです。

ドライヤーの使い方4つのポイント

気になるドライヤーを見つけたところで、次はドライヤーの正しい使い方をご紹介していきます。

ドライヤーは安くないものも多く、最近は高機能かつ多機能のものも多くあります。

せっかくの多機能ドライヤーの良さを存分に発揮させるためにも、以下のポイントを意識して使ってみましょう!

【ドライヤーの使い方のポイント①】ドライヤー使用前の準備

ドライヤーを使うのは、主に髪が濡れている時。しっかりタオルで水分を拭き取ってから、ドライヤーを使いましょう。

タオルドライの時は髪をこすらず、優しく押すように乾かすのがポイントです。

髪は濡れることでキューティクルが剥がれやすくなるため、シャンプー後は手早く乾かすことが大切です。

ドライヤーの熱によるダメージを減らしたい時は、洗い流さないトリートメントやオイルなど、ヒートプロテクション機能を持ったアイテムを塗っておくのもおすすめです。

【ドライヤーの使い方のポイント②】ドライヤー使用時の注意点

ドライヤー使用時は、髪に近づけすぎないことが重要です。熱が頭皮や髪に伝わってしまい、ダメージを受けやすくなります。

20cm前後離した場所から乾かすと、ダメージも受けにくくなります。

また、毛先ではなく根本の部分を重点的に乾かすようにしましょう。

毛先ばかりにドライヤーを当ててしまうと、乾燥の原因にもなります。濡れた髪を長時間放置することなく、手早く乾かすことも大切です。

【ドライヤーの使い方のポイント③】ドライヤーで髪を乾かす順序

ドライヤーで髪を乾かす時は、基本的に根元から乾かすことが大切です。

毛先部分は水分が抜けやすいため、重点的に乾かしてしまうと乾燥しやすくなります。なるべく髪を持ち上げて、頭皮の部分を中心に乾かしていきましょう。

また、前髪部分は乾くのも早いため、最初のうちにスタイリングしながら乾かすことがおすすめです。

後回しにしていると全体を乾かしているうちに前髪が乾いてしまい、スタイリングしにくくなってしまうことがあります。

【ドライヤーの使い方のポイント④】温風のあとは冷風を使用する

髪がしっかりと乾いたら、仕上げにドライヤーの冷風を1分程度かけましょう。冷風をあてることで、より髪のキューティクルが引き締まり、ツヤがアップします。

冷風を当てて冷たくなる所は乾いていない部分なので、再度温風を当ててしっかりと乾かしましょう。

ドライヤーの最新売れ筋ランキングもチェック

参考までに、ドライヤーのamazonとYahoo!での最新売れ筋・人気ランキングは以下のURLからご覧ください。

まとめ

ドライヤーは風量やワット数、個別の機能などを確認して選ぶと失敗が少なくなります。

早く乾かしたいなら風量の多いタイプ、髪に優しいものを求めているなら低温タイプなど、自分の好みに合わせて選びましょう。

ほぼ毎日使うアイテムだからこそ、こだわって選ぶと使いやすくなりますよ!

こちらもよく読まれています
あわせて読みたい

カテゴリから探す