【プロが教える】髪が傷まないヘアアイロンのおすすめ人気ランキング10選!

おしゃれを楽しむのに髪の毛のスタイリングは欠かせないもの。そこで役立つのがヘアアイロンです。

ヘアアイロンを使って髪に熱を与えることによってカールやストレートなどのクセがつき、一気にこなれ感が出て、おしゃれ度が上がります

熱を使うことで心配なのが、髪へのダメージ。今回は、corecty編集部の現役ヘアメイクアップアーティストが髪が傷みにくいヘアアイロンのおすすめランキングを紹介する他に、ヘアアイロンを選ぶときのポイントや使い方もて一定解説していきます!

髪が傷まないヘアアイロンおすすめ人気ランキング比較一覧

商品画像 特徴 価格 メーカー名 商品名 商品リンク
1
まるでシルクのような仕上がり 15,407円(税込) 絹女〜KINUJO〜 ストレートヘアアイロン220℃ 詳細を見る
2
ダブルのマイナスイオンでシルク級ストレート 3,218円(税込) SALONIA ダブルイオンストレートアイロン 詳細を見る
3
最強つやストレート最強キープ 7,970円(税込) Areti マイナスイオンストレートカール両用ヘアアイロン 詳細を見る
4
根元から毛先まで、しっかりストレートメイク 10,503円(税込) Panasonic ヘアアイロンナノケア 詳細を見る
5
使うたびに、髪が潤う 34,000円(税込) LUMIELINA ヘアビューロンストレート 詳細を見る
6
プロも愛用する、ツヤと操作感が魅力 25,500円(税込) ハッコー ADST Premium DS2 詳細を見る
7
24時間続く、プロフェッショナルストレート 11,728円(税込) VIDALSASSOON マジックシャインスチームストレートアイロン 詳細を見る
8
ガンコなくせ毛も矯正ストレート 2,980円(税込) アゲツヤ チタニウムストレートヘアアイロン 詳細を見る
9
風で冷やしてスタイリングキープ 5,400円(税込) AIVIL エアーストレートアイロンW 詳細を見る
10
髪に毎日優しい 3,132円(税込) テスコム ioneマイナスイオンヘアーアイロン 詳細を見る

ヘアアイロンを選ぶときに重要なポイント

【ヘアアイロンの選び方のポイント①】ヘアアイロンの設定出来る温度

髪の毛に熱を与えると、髪の主成分であるタンパク質が変形します。それによってカールやストレートのクセがつきますが、気をつけるポイントはアイロンの設定温度

商品によって最高温度はさまざまですが、180℃以上まで上がるものを選ぶことがおすすめです。

低温のものだとなかなかクセがつかず、同じところに何度も当ててしまいがち。髪を傷めないためにはアイロンを高温に設定し、一気にクセをつけることが大切です。

【ヘアアイロンの選び方のポイント②】ヘアアイロンのプレートのサイズ

https://amazon.co.jp

ヘアアイロンのプレートにはサイズがあり、髪の長さや毛量によって選択をします。

幅が広いプレートは、ロングヘアや毛量が多い人におすすめ。幅が狭いプレートのものを使うと、髪を挟む量が限られ、スタイリングに時間がかかります。

ショートカットの人は、幅が広すぎると根元までしっかり髪の毛が挟めません。幅が狭いものを使うことで、小回りがきき、ストレートも外ハネヘアも短時間でスタイリングできます

【ヘアアイロンの選び方のポイント③】ヘアアイロンのプレートの材質

プレートは髪に直接当たるもの。滑りにくい素材だと髪が引っかかり、切れ毛に繋がったり、髪の表面を傷めてしまいます

摩擦が少ない素材はチタン。摩擦によるダメージを最小限に抑えることができ、髪を少しでも傷めたくない人には最適です。

耐久性にも優れているので、長持ちするという利点も。セラミックはチタンに比べると摩擦力は高くなりますが、熱伝導率が高く、プレート部分がすぐに高温になるので忙しい朝などに最適です。

髪が傷まないヘアアイロンのオススメ人気ランキング10選!

1位
詳細情報
・重量:492g
まるでシルクのような仕上がり

多くの芸能人やプロの美容師も愛用している、新技術のプロフェッショナルアイロン

注目すべきは、髪へのダメージを最小限に抑えることを考えて採用されたシルクプレートです。その特徴は、高温状態で水をかけてもすぐには蒸発しない保湿力。

髪のパサつきを最小限に抑えてくれ、髪本来の潤いを保ちながらスタイリングをすることができます

カールクッション機能がついているため、ストレートもカールも自由に表現可能。電源を入れてから約20秒で温度が上がることもおすすめのポイントです。忙しい朝も安心のヘアアイロンですね。

2位
詳細情報
・サイズ:約300mm×30mm×35mm ・重量:約276g ・消費電力:35W
ダブルのマイナスイオンでシルク級ストレート

髪の長さやスタイリングしたい髪型によって15mm、24mm、35mmのプレートを選択可能なヘアアイロン。

プレートと噴射口の2箇所からマイナスイオンが発生することによって、キューティクルを保護しながら髪へのダメージを軽減します。

最高温度はプロ仕様の230℃。温度調整はダイヤル式で120℃〜230℃の設定が可能です。

湿気の多い日でも、最高温度とダブルイオンによって長時間ヘアスタイルを維持出来ます。100〜240Vの電圧なので海外でも使用出来る優れもの。出張が多い人にもぴったりです。

3位
詳細情報
・重量:630g
最強つやストレート最強キープ

プレートから発生する高密度のマイナスイオンで髪のダメージを最小限に。上下に滑りやすいプレートで、使用するときの余分な力を吸収してくれます。

最高温度は200℃。髪へのダメージを考慮して、200℃を少しでも超えると加熱を停止します。

安全対策も抜群で、電源をつけっぱなしにしてしまっても約15分でオフになる機能を搭載。忙しい朝でも安心です。

前回使用した設定温度がそのまま次回使用するときの設定温度になるので手間を省いてくれます。

4位
詳細情報
・重量:358g
根元から毛先まで、しっかりストレートメイク

温度均一プレート採用で、プレートのどこで挟んでも温度が均一。ムラなく髪に伝わる熱でスタイリングの早さがアップします。

同じ箇所に何度も当てなくても、均一に熱が伝わるので髪への負担も軽減。 先端部がスリムになっていることで、根元までしっかり髪の毛をキャッチ出来ます。

温度調節は5段階。130℃〜200℃まで、自分の髪の状態に合わせて決められます。

ナノメートルサイズの微細なイオン、ナノイーが髪に浸透し、キューティクルを引き締めツヤのある美しい髪へ導いてくれるヘアアイロンです

5位
詳細情報
・重量:599g
使うたびに、髪が潤う

独自技術のバイオプログラミングで、電源を入れなくても髪にツヤを与えることが出来るヘアアイロン。使えば使うほど髪にツヤと潤いが生まれ、滑らかな手触りのストレートヘアを作ることができます

「使ってみて髪がサラサラになってびっくり」という声もあり、髪のダメージが気になる人にはぴったり。くせ毛で悩む人にも、髪のコシがなくて悩む人にも効果的で、年齢を問わず使えるヘアアイロンです。

6位
詳細情報
・重量:0.29kg
プロも愛用する、ツヤと操作感が魅力
上部のプレートの表面に加工された、円形の模様の特殊な加工が特徴。そのプレッシャーサークルという加工によって、髪を挟んだときの圧力や、髪に与える熱をプレートに均等に広げ、拡散してくれます。

髪のねじれを直し、ツヤを与える効果も。重量も軽く、立ち上がりも早いので使いやすいことも魅力の1つです。

下部のプレートにある溝によって髪を挟んだ時に生じる水分を効率よく排出。温度の下降を最小限にし、セットの時間も短縮されます。

7位
詳細情報
・重量:0.76kg
24時間続く、プロフェッショナルストレート

最大の特徴は大量に出る高温スチーム。スチームを高温機能でキューティクルを引き締め、ツヤのある、湿気に強い髪に仕上がります。

雨の日でも24時間ストレートが持続。スチームは2段階なので、髪質や好みの仕上がりによって調整可能です。

プレート上のコームによって、髪をとかしながらのヘアスタイリングが可能で、ヘアセットの手間を省くことが出来ます。

プレートには、ヴィダルサスーン独自のコーティング技術を採用。美しいツヤのある艷髪へと導きます。

8位
詳細情報
・重量:344g
ガンコなくせ毛も矯正ストレート

縮毛矯正と同じ温度の220℃の高温でスタイリング可能。プレートにはプラチナや金と同じレベルの熱伝導力を持つチタニウムを使用しています。

マイナスイオン放出機能も兼ね備えているため、高温でも髪に優しく安心して使えるヘアアイロンです。

セラミックヒーターを搭載しているため、約30秒で高温になり、急いでいるときには助かります。温度調節は5段階。そのときの髪の状態によって簡単に温度を調整できます。

これだけ多くの機能を搭載していますが、値段は5,000円以下。とてもお得で安心して使えるヘアアイロンです

9位
詳細情報
・サイズ:280×50×46mm ・重量:約325g
風で冷やしてスタイリングキープ

髪を挟むのと同時に40℃の風で髪の毛を冷やします。60℃以上の熱を与えると、髪のキューティクルは開き、それによって髪のスタイルを形成します。

そのスタイリングをキープするためには、髪の熱を冷まし、キューティクルを閉じることが必要なので、それを実現できるこのヘアアイロンは理論に忠実なアイテムと言えます。

髪をプレスして瞬時に冷やす効果で、髪への熱ダメージも軽減。プレートにはイオンパウダーも添加されていて、引っ掛かりにくくなるように静電気を抑制。つるつると滑るようななめらかさで髪の負担が少なくなります。

10位
詳細情報
・重量:335g
髪に毎日優しい

濡れた髪にも使える優れもの。水分蒸発穴から余分な水分を蒸発させ、クセやうねりを伸ばしてくれます。

可動式のプレートが上下に動くことで、毛先までしっかり髪を掴める特殊構造。プレートにはアルガンオイルをコーティングしているため、髪の痛みを防ぎます。

特殊なプレートで摩擦で起こる髪へのダメージを軽減するだけでなく、温度は5℃刻みで調節することが出来るので、そのときの髪のダメージを考えながら簡単に調節可能。

口コミでは「軽くて腕が疲れにくい」という声もあり、機能は充実しているのに軽量なことも特徴の1つです。

ヘアアイロンの使い方3つのポイント

【ヘアアイロンの使い方のポイント①】ヘアアイロンの前に髪を丁寧に乾かす

ヘアアイロンを使う前は、準備が大切。濡れた髪に使えるアイロンもありますが、濡れた髪に強い熱を与えると水分が一気に蒸発し、キューティクルを傷めてしまいます。

まずは髪をしっかりと乾かすことが、ヘアメイクをする上で必須の準備です。

髪が絡まっている状態でアイロンを当てることも髪が傷む原因。乾かすときはブラシを使って丁寧に乾かすことがおすすめです。

【ヘアアイロンの使い方のポイント②】髪をブロッキングする

しっかりと乾かすことが出来たら次は髪をブロッキングしましょう。

ヘアアイロンで一度に掴む髪の量が多いと、熱の伝わる範囲が限定されてしまうため、なかなかクセがつきません。何回も同じ箇所に熱を与え続けると髪が傷む原因になるので注意が必要。

耳の後ろあたりで前後に分け、その後に上下に分け、下のブロックからアイロンを当てていくと綺麗なストレートになりやすいです。

【ヘアアイロンの使い方のポイント③】根元から毛先の順番でアイロンを当てる

髪をストレートにしたいときは、根元から毛先の順番でアイロンをかけることがポイント。ロングヘアの場合は毛先まで一気に当てるよりも、根元から中間、中間から毛先とわけて当てると綺麗なストレートになります。

勢いよく挟んだり滑らせたりすると、髪が引っ張られて髪を傷める可能性があります。挟むときは丁寧に、滑るときはゆっくりを心がけることがおすすめ。

ヘアアイロンの最新売れ筋ランキングもチェック

参考までに、ヘアアイロンのamazonと楽天、Yahoo!での最新売れ筋・人気ランキングも御覧ください。

まとめ

日常から特別な日まで、おしゃれに欠かせないヘアアイロン。とても便利なアイテムですが、一歩選び方や使い方を間違えると髪を傷める原因にもなってしまいます。頻繁に使うものだからこそ、品質にはこだわりたいもの。

このランキングを参考に、自分にぴったりのヘアアイロンを手に入れて美しい髪を目指しましょう。

※この記事は2019年1月23日時点のAmazonのランキングを参照しました。
こちらもよく読まれています
あわせて読みたい

カテゴリから探す