日焼け止めスティックのおすすめ人気ランキング【2019最新】選び方や使い方のオススメも

女性にとって極力避けたいのが、シミ・そばかすの原因となる暑い夏の紫外線。今は一年中、日焼け対策をしている方も多く、日焼け止めは欠かせないアイテムです。

日焼け止めと言っても、クリームタイプ・ジェルタイプ・ミストタイプなど様々な種類がありますが、今注目されているのは「スティックタイプ」の日焼け止め。

実は色白美人が多い美容大国の韓国では、主流となる定番の日焼け止めなんです。

スティックタイプは固形なので、液だれもなくさっと片手で塗ることができ、持ち運びも簡単なのが大きな魅力。日本ではあまり知られていない日焼け止めスティックを先取りしちゃいましょう!

日焼け止めスティックのおすすめ人気ランキング比較一覧

商品画像 特徴 価格 メーカー名 商品名 商品リンク
1
肌色タイプで、化粧下地・ファンデーションとしても使える 2,300円(税込) ノブ(NOV) ノブ UVスティックEX 詳細を見る
2
肌になじむナチュラルカラー 3,132円(税込) コスメランド ナチュラヴィ アウトドアUVホワイト 詳細を見る
3
驚きのSPF70!最強の日焼け止め効果! 1,470円(税込) ジョンソンエンドジョンソン 日焼け止め FACE&BODY用スティックタイプ SPF70 詳細を見る
4
汗・水・皮脂に強く、落ちにくいスーパーウォータープルーフ処方 1,899円(税込) ブリサ 日焼け止めUVスティック(ブラウン) 10g 詳細を見る
5
本体には便利なミラー付き 2,700円(税込) PEACE WAVE ピースウェーブ UVフェイススティック 詳細を見る
6
敏感な箇所にも安心して使える 2,760円(税込) クリニーク クリニーク ターゲットプロテクションスティックSPF35 6g 詳細を見る
7
まるで水のような使い心地の日焼け止め 715円(税込) ロート製薬 スキンアクア パーフェクトUVスティック 詳細を見る
8
キッズでも安心して使えるSPF70の日焼け止め 2,800円(税込) ジョンソンエンドジョンソン ニュートロジーナオイル無ウェットスキンキッズ日焼け止めスティック 詳細を見る
9
サーファーが作ったサーファーのための日焼け止め! 1,700円(税込) ヘッドハンター 日焼止め スティック (Lt/Brown) FACE STICK SPF45 詳細を見る
10
約600種ほどの自然由来成分を配合 1,296円(税込) AHC ナチュラル パーフェクション サン スティック 詳細を見る

日焼け止めスティックを選ぶときに重要なポイント

SPF/PA

日焼け止めのパッケージに必ず記載されている「SPF」「PA」は紫外線防止効果を表す表記です。

「SPF」は肌が赤くなる紫外線B波を防ぐ効果の数値。値が大きいほど防御する効果が高く、長い時間紫外線から守ってくれます。

「PA」はシミやそばかすと関わる紫外線A波を防ぐ効果を表す数値で4段階の+で表記され、+が多いほど防御する効果が高くなっています。

特に夏は紫外線B波が冬の倍近くの量になるので、より数値の高い日焼け止めが必要です。海など日差しの強いレジャーには最高値のSPF50+・PA++++が良く、短時間の外出ならSPF30・PA++くらいの数値でも問題なく紫外線を防いでくれるでしょう。

うるおい成分

肌トラブルを避けるために一番大切なことは保湿効果。つまり「うるおい成分」がどれくらい含まれているかが重要です。
日焼け止めスティックは固形タイプなので、一見うるおい成分がないように見えてしまいますがしっかり保湿してくれるものも沢山販売されています。

特に効果が期待できるのはヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・シアバターなどの成分です。乾燥肌・敏感肌の方はアルコール・エタノールフリーかどうかも合わせて特に注意して選ぶようにしましょう。

また、日焼け止めに保湿成分が入っているからとそれだけに頼らず、しっかりと化粧水や乳液で保湿してから使うことも大切です。

ウォータープルーフ機能の有無

日焼け止めの天敵はやはり「汗」です。夏はよく汗をかくのでこまめに塗りなおさないと汗で日焼け止めが落ちてしまいます。

特に顔の日焼け止めはメイクをしているとなかなか塗りなおすのも難しく、長時間のキープがしにくくなります。

そういう時に便利なのがウォータープルーフ機能がついた日焼け止め。汗をはじくので効果が長持ちしやすくなっています。特にスポーツ時・長時間の外出などたくさん汗をかくときはおすすめです。

ただ、効果が高い分落ちにくくなっているので顔に使った時はクレンジングが必要になることもあります。

日焼け止めスティックのオススメランキング10選!

1位
詳細情報

・SPF50+ PA+++

・ウォータープルーフ

・無香料・無着色・低刺激性・紫外線吸収剤不使用

肌色タイプで、化粧下地・ファンデーションとしても使える

さらりとした付け心地の「ノブUVスティックEX」は高SPFながらも肌に優しく紫外線をしっかりカットします。
肌色タイプなので化粧下地やファンデーションとしても使用可能。カバー力もあるのでコンシーラーの役割も果たす便利な3way仕様です。

臨床皮膚医学に基づいたスキンケア商品を開発するノブだからこその優しい処方で、敏感肌・乾燥肌の方にも使いやすくなっています。
ウォーターフループなのにクレンジング不要なところも魅力です。

2位
詳細情報

・SPF50+ PA+++

・内容量:10g

・ウォータープルーフ

・紫外線吸収剤・パラベン・アルコールフリー

肌になじむナチュラルカラー

アウトドアが大好きな方のために作られた「アウトドアUVホワイト」は、美容のプロと登山のプロが共同開発した日焼け止め。 アウトドア向けの商品だけに、紫外線からガードする効果に長けています。

その魅力はUVカット効果だけでなく、昆虫忌避成分のユーカリ・ハッカ油を配合していること。虫が嫌がる成分なので虫よけにもなり清涼感のある爽やかな香りも楽しめます。
顔に塗っても石けんで落とせるので男性・子供でもお手軽に使えます。

3位
詳細情報

・ブロードスペクトラムSPF70

・内容量:42g

驚きのSPF70!最強の日焼け止め効果!

アメリカ発の「Neutrogena 日焼け止めFACE & BODY用スティックタイプ」はなんとSPF70!日本では最高値がSPF50+までと定められているので海外品ならではの効果の高さを期待できます。

アメリカ商品の為PAの表記はありませんが、検査で認可されたブロード・スペクトラム(広い波長の紫外線を防ぐ)表示がされているので安心して使えます。
軽い付け心地で無色なので塗り広げやすく、42gと量も多めでたっぷり使えます。

4位
詳細情報

・SPF50 PA++++

・内容量:10g

・スーパーウォータープルーフ

・無香料

汗・水・皮脂に強く、落ちにくいスーパーウォータープルーフ処方

アウトドアボディケアブランドBRISA MARINAの「日焼け止めUVスティック」は、普段使いから海などのレジャーまで幅広く対応。

アロエベラエキス・海藻由来エキス・プラセンタ・ハトムギ油など、10種類もの植物由来エキスを配合。そのため、UVカットができる日焼け止めでありながら、保湿効果も高くなっています。
皮脂や汗に強いスーパーウォータプルーフ処方で、絶対に焼きたくない方の強い味方になってくれます。

5位
詳細情報

・SPF50 PA+++

・内容量:10g

・ウォータープルーフ

本体には便利なミラー付き、保湿成分も配合

サーファーの間で人気が高いPEACE WAVEの日焼け止めシリーズ。中でも片手でさっと塗れる「UVフェイススティック」は男女問わず愛用者が多い商品です。

クリアータイプなので塗っても色が目立たず、ヒアルロン酸・水溶性コラーゲン・アミノ酸配合といった保湿成分も配合されているのが嬉しいポイント。 さらに女性に嬉しいミラー付きなので外出先でも塗りなおしやすく便利です。さらに効果を上げるために上からシリーズのローションタイプを重ね塗りしている方も。

6位
詳細情報

・SPF35 PA+++

・内容量: 6g

・オイルフリー

敏感な箇所にも安心して使える

コスメの大手ブランドのCLINIQUEの「ターゲットプロテクションスティック」は、有名ブランドだけに人気のある日焼け止めです。 眼科医、皮膚科医臨床試験済みで肌に優しい処方で作られているので、目元・口元といった刺激を受けやすい箇所やデリケートな耳たぶや鼻にも使いやすくなっています。

残念ながら国内の生産は終了しており公式サイトでは購入できませんが、通販ではまだ手に入れることができます。

7位
詳細情報

・SPF50 PA++++

・内容量:10g

・スーパーウォータープルーフ

・防腐剤フリー・アルコールフリー・無香料・無着色

まるで水のような使い心地の日焼け止め

ロート製薬の日焼け止め・スキンアクアシリーズは、まるで水のように肌になじみやすいのが特徴で、豊富なラインナップが揃っています。スティックタイプの「パーフェクトUVスティック」はピタっと密着するのにベタつかずに使えます。 なんといっても手に入りやすく、プチプラ価格が魅力です。

SPF50 PA++++とUV効果が高めのスーパーウォータープルーフなので、スポーツや夏のレジャーにおすすめです。気になる香りもないので周りに人がいる外出先でもさっと気軽に塗り直しができます。

8位
詳細情報

・SPF70

・内容量:13g

・オイルフリー・無香料

キッズでも安心して使えるSPF70の日焼け止め

先ほどご紹介したアメリカ発ブランドのニュートロジーナ製で、こちらはキッズ用の日焼け止めスティックです。子供でも安心して使えるように低刺激のオイルフリー・無香料となっています。

もちろん大人でも使用可能で敏感肌の方に使いやすくなっています。SPF70と効果は高いので夏のレジャーなどで親子で使うのもおすすめです。ただ「生後6ヶ月未満の赤ちゃんはは医師に相談」することが推奨されているので注意しましょう。

9位
詳細情報

・SPF45

・内容量:12ml

・ウォータープルーフ

サーファーが作ったサーファーのための日焼け止め!

HEAD HUNTERはカルフォルニアでサーファーのために作られた日焼け止めブランド。科学技術やテクノロジーを駆使して開発された世界初のサーフィン用の日焼け止めで世界中から愛されています。

こちらはブラウンカラーで肌馴染みがよく、ビタミンE・ビタミンC配合で保湿もしっかりとしてくれます。サーファーご用達だけにその効果は高く、強力な紫外線から肌を守りオイルベースで撥水性も優れています。 とても強力なので普段使いではなく、海などのレジャーで使用がおすすめです。

10位
詳細情報

・SPF50+ PA++++

・内容量:22g

約600種ほどの自然由来成分を配合

美容大国・韓国発で人気の高い「ナチュラルパーフェクションフレッシュサンスティック」。高数値で紫外線をカットし、持続耐水性審査も完了しているので水や汗に強く効果が長持ちします。

約600種ほどの自然由来成分が含まれているので、保湿だけでなく、美白・シワ改善の効果も期待できます。嫌なテカリやベタつきがなくさらさらと肌になじみ、透明なので白浮きすることもありません。重ね塗りOKでボディだけでなく顔にも使いやすいのが魅力です。

日焼け止めスティックの使い方3つのポイント

するっと肌に滑れせるだけ

日焼け止めスティックの使い方は、クルクルと回してスティックを出し肌に滑らせるだけと非常に簡単です。両手を使って手をベタベタにしなくても、滑らせるだけで肌に均等に日焼け止めがなじみます

。 首の後ろや耳回りなど塗りにくい箇所も届きやすく、液体のようにこぼす心配もないので子供でも自分で塗ることができます。

塗り直しが簡単

いくらSPFとPAの数値が高くても朝一度塗っただけでずっとそのままでは効果は半減してしまいます。汗をかくと落ちてしまうのはもちろん、目に見えないところで服などに当たってこすれてしまうことも。

そんな時に便利なのが日焼け止めスティックです。外出先でもさっと片手で手軽に塗りなおしができ、メイクの上から重ね塗りも可能です。外にいる時は2〜3時間に1度は塗りなおすようにしましょう。

使用後はしっかりフタをする

とても便利な日焼け止めスティックですが、固形なので海やレジャーで遊んでいると塗ったあとにそのまま放置してしまいがちです。

使ったあとは出したスティックを戻し、フタがカチっとはまるまでしっかりフタをしましょう。いくら固形とはいえ炎天下に放置すると成分が溶けてしまったり涼しい場所でも乾燥してしまいます。正しく使うことでより効果を発揮し、長く使えるようにしましょう。

日焼け止めの最新売れ筋ランキングもチェック

参考までに、日焼け止めのamazonと楽天、Yahoo!での最新の売れ筋・人気ランキングもこちらからご覧いただけます。

まとめ

日焼け止めスティックの人気ランキングをご紹介しました。気になった商品はありましたか?日焼け止めスティックは韓国では「サンスティック」と呼ばれ日焼け止めの定番アイテムとなっています。

日本のお店ではあまり見かけませんが、通販なら購入しやすくなっています。興味のある方は是非この夏試してみてください。使いだすと便利で手放せなくなること必至です。

こちらもよく読まれています
あわせて読みたい

カテゴリから探す