本田翼のメイク道具&方法♡愛用マスカラ・リップ・アイブロウ・チーク・下地をご紹介!

モデルとしてだけではなく女優としても人気を集めている本田翼さん。明るく快活なキャラクターはもちろん、愛らしい笑顔も印象的です。

ここでは、そんな本田翼さんのようになれるメイクアイテムや方法をご紹介いたします。

いつものメイクに取り入れて、明るくフレッシュな魅力を手に入れましょう。

【アイメイク編】本田翼風の印象的なアイメイクアイテム

本田翼さんのアイメイクは、ぱっちりと大きい瞳が印象的。「アイライン効果があるため、マスカラはコーム型を使うようにしている」など、こだわりを持ってメイクアイテムを選ばれています。

「もともとの目が小さいから」と諦めてしまうのではなく、自分と相性の良いアイテムをしっかりと見極めることがポイント。様々なアイテムを試して、アップデートに努めましょう。

詳細情報
・内容量:6.5ml
・カラー:全1色

独自のコーム状ブラシで、ボリューム&セパレート

本田翼さんが愛用していると言われているのが、メイベリンのボリュームエクスプレスハイパーカールスパイキーコームです。

独自のコーム状ブラシ「スパイキーコーム」を採用。まつ毛を根元からしっかりリフトアップし、1本1本とかしあげるためダマになりにくく、シャープでスパイキーな仕上がりが叶います。

また、配合されている「カール&リフトワックス」がまつ毛をリフトアップ。「カールロックテクノロジー」で美しいカールを長時間キープしてくれます。

詳細情報
・内容量:0.3g
・カラー:全8色

美しいラインで、まなざしを印象的に

ペンシルアイライナーの使いやすさと、リキッドアイライナーの濃密な発色を組み合わせた、ディオールのプロライナー。本田翼さんも愛用されているアイテムのひとつです。

斜めカット型の繰り出し式アイライナーがまぶたの曲線に隙間なくフィット。繊細なラインも大胆なラインも簡単に描くことが可能です。

ロングラスティングウォータープルーフ&ジェルフォーミュラで、美しいラインを一日中キープしてくれます。

全8色と豊富なカラーが揃っているため、その日のメイクに合わせたセレクトがオススメ。絶妙なニュアンスカラーが揃っているため、簡単に、モードな印象が手に入ります。

【リップ編】本田翼風のフレッシュなリップメイクアイテム

本田翼さんのリップメイクはナチュラルなものが多め。肌馴染みの良いカラーと自然なツヤ感が印象的です。

リップメイクをナチュラルに仕上げることで、柔らかい雰囲気はもちろん、明るい印象も手に入ります。

「自分に似合うカラーを見極める」「乾燥しにくいものを選ぶ」ようにして、ナチュラルなリップメイクを楽しみましょう。

詳細情報
・内容量:3.5g
・カラー:全20色

肌を明るく美しく魅せる、濡れ艶ルージュ

とろけるような極上の塗り心地も嬉しい、コスメデコルテのザルージュ。多彩なカラーと発色の良さで、多くのファンを獲得しています。

直接塗るだけで、ぷっくりとした厚みのある膜を形成。唇の縦ジワを目立たなくし、ふっくらと艶めくハリのある印象が手に入ります。

シールド効果にすぐれるベースで唇の乾燥を防ぎ、潤い感を長時間キープしてくれるため、乾燥が気になる季節にもぴったり。デイリー使いにもオススメのルージュです。

詳細情報
・内容量:6g
・カラー:全15色

美容液を閉じ込めた濃密ジェルルージュ

リキッドタイプのルージュは「唇が荒れてしまって口紅の色が乗らない」というときに、試してほしいアイテムのひとつ。美容液成分が豊富に含まれているものが多く、荒れがちな唇をしっとりと保湿してくれます。

中でもマキアージュのエッセンスジェルルージュは、保湿力の高さはもちろん、美しいカラー展開も大きな魅力。立体形状を記憶する濃密ジェル処方で、色・ツヤ・立体感を長時間キープ可能です。

【眉毛メイク編】本田翼風の立体的な眉毛メイクアイテム

眉は流行によって変化を受けやすいパーツのひとつ。以前はスマートな眉が主流でしたが、今はインパクトのある太めの眉が流行しています。

そんな中、本田翼さんの眉メイクは、元の形を活かしながらもふんわりとした立体感があるものになっています。無理に太さを出すのではなく、色や質感でボリュームアップさせる手法は、ぜひ真似したいもの。髪色に合った眉マスカラや、使いやすいアイブロウパウダーを取り入れましょう。

詳細情報
・内容量:2.2g
・カラー:全2色

立体グラデ眉×ノーズシャドウ

ふんわり自然な眉と鼻すじの陰影で、立体的な目元を演出するケイトのアイブロウパウダー。様々なコスメアワード受賞歴を持つ、ロングセラーアイテムのひとつです。

淡いカラーから濃いカラーまでのグラデーションとなっている3色パレットは、使いやすさ抜群。それぞれのカラーを混ぜることで、自分の眉にぴったりのニュアンスカラーが完成します。

その使いやすさから「他のアイテムを試したけれども、結局これに戻ってしまう」という声も聞かれるほどの大人気。自然な眉を描きたい方にオススメです。

詳細情報
・内容量:0.02g
・カラー:全2色

眉尻も繊細に描ける芯の細さで、美しい仕上がりに

眉の薄い箇所を足すときや、輪郭を取るときに活躍してくれるアイブロウペンシル。セザンヌの超細芯アイブロウなら、不自然さのないナチュラルな仕上がりが手に入ります。

細くてもしっかり描ける美発色タイプとなっているため、肌を傷つける心配もありません。

削る手間がいらない繰り出しタイプとなっているため、常に芯の細い状態で使うことが可能です。

【チーク編】本田翼風のキュートなチークメイクアイテム

本田翼さんのチーク使いは、カラーを感じさせないほどナチュラルなものが多め。肌に馴染むカラーを控えめに入れることで、フレッシュで可愛らしい印象に仕上げられています。

「自分に合うカラーを使う」「使うときは少量ずつ重ねて、付けすぎないよう気を付ける」ことがポイント。デートや、会食などで大活躍してくれるテクニックのひとつです。

詳細情報
・内容量:6.3g
・カラー:全8色

パウダーなのにクリームのような透明感

パウダーなのにクリームのような透明感が手に入ると人気も高い、キャンメイクのグロウフルールチークス。肌にしっとり密着し、ナチュラルな血色感を演出してくれます。

とろけるように馴染むため、リキッドファンデーションとも相性はぴったり。ツヤ感のあるグロウパウダーが透明感をアップしてくれます。

多色パレットとなっているため、その日のメイクやファッションに合わせて、ニュアンスチェンジも可能です。

詳細情報
・内容量:3.9g
・カラー:全4色

「リアルチーク処方」で自然な血色感

オルビスのナチュラルフィットチークは、肌に溶け込むような血色とツヤ感で、健康的な肌へと導いてくれます。

血色を追求した色素の表面に、半透明の膜をかけることで、内側から上気したような肌本来のリアルな印象を再現。肌へ溶け込むような美しい発色が特徴です。

柔らかく自然なツヤが表情に立体感とメリハリを与え、小顔な印象を演出してくれます。

【ベース編】本田翼風のナチュラルなベースメイクアイテム

本田翼さんのベースメイクはとてもナチュラル。トラブルを感じさせない、美しい肌が特徴です。

しかし、本田翼さんは、実は乾燥肌の持ち主。「ベースメイクの前にはしっかりと保湿する」「マットすぎる仕上がりのものは避ける」など様々な工夫をされています。

自分の肌質をしっかりと見極めたアイテム選びは、ぜひ真似したいもの。スキンケアの段階から、その日のベースメイクを考えましょう

詳細情報
・内容量:50g
・原産国:日本

一歩先の守りが、肌をずっと輝かせる

SPF50+・PA++++と高い紫外線カット効果を備えたクレ・ド・ポーボーテのクレームUV。顔やボディへの日焼け止めとして使うのはもちろん、きめ細やかでなめらかな肌に整え、ファンデーションのつきやのりをよくするので、化粧下地としても使うことが可能です。

まるで上質な保湿クリームのようなテクスチャーも嬉しいポイントのひとつ。べたつきや被膜感のない使い心地のため「日焼け止めが大事なのはわかるけど、使用感が苦手」という方にもオススメです。

詳細情報
・内容量:25g
・カラー:全3色

肌の色ムラ、凹凸を補正するコントロール下地

肌状態やその日のメイクバランスに応じて「ベースメイクをカラーコントロールベースとコンシーラーで済ませることもある」という本田翼さん。インテグレートグレイシィのコントロールベースなら、簡単にフレッシュな印象が手に入ります。

肌表面を均一に整え、透明感をプラス。のびがよく、ファンデーションをピタッと密着させるため、化粧くずれを感じさせない美しい仕上がりが叶います。

赤みをおさえるグリーン・血色感を与えるピンク・明るく見せるナチュラルの3種類が展開されているため、自分の肌悩みに合ったものを選びましょう。

本田翼風のメイクを動画でもチェック

YouTuberの中にも本田翼さん風のメイク動画をアップしている方がいます。

一つ目の動画は美容系YouTuberの「水木あおあおいろTV」さん。本田翼さん風メイクの手順やコツを紹介しています。

二つ目の動画は、「KAJIERI MAKEUP」さん。概要欄には使用したアイテムを詳しく載せているのでぜひチェックしてみてくださいね。


まとめ

明るくフレッシュな印象が魅力的な本田翼さん。メイクにおいては、自分の肌質や悩みをしっかり見極めた上でのアイテム選びをされています。

肌質や悩みは人によって様々なもの。まずは自分の肌と向き合って、相性の良いメイクアイテムを選びましょう。

こちらもよく読まれています
あわせて読みたい

カテゴリから探す