シュッと瞬間乾燥ケア!ミスト化粧水のおすすめ人気ランキング10選♡使い方・選び方のポイントも解説!

ミスト化粧水は化粧直しや外出中のうるおい補給や、プレ化粧水としても役立つアイテムです。中には他の機能を持ったものもあります。

自分の肌の状態や、メイク直しのしやすさなどを考慮して商品を選びましょう。ここでは人気メーカーのおすすめミスト化粧水の紹介や、選び方・使い方のポイントをまとめました。

ミスト化粧水おすすめ人気ランキング比較一覧

商品画像 特徴 価格 メーカー名 商品名 商品リンク
1
メイク前にも後にも使えるミスト美容液 3,120円(税込) シュウウエムラ パーフェクター ミスト サクラノ香リ 詳細を見る
2
みずみずしい肌へ導く、2層タイプのミスト化粧水 1,620円(税込) 資生堂 dプログラム アレルバリア ミスト 詳細を見る
3
アベンヌ温泉水100% 1,580円(税込) ピエール ファーブル ジャポン アベンヌウォーター 詳細を見る
4
顔だけでなく全身のケアに 3,564円(税込) ラロッシュポゼ ターマルウォーター 詳細を見る
5
べたつかずうるおって透明感のある肌に 1,620円(税込) 花王 ソフィーナ ジェンヌ 詳細を見る
6
セラミドを配合した敏感肌・乾燥肌・不安定肌のための薬用ミスト保湿ローション 3,000円(税込) 全薬工業 アルージェ モイスチャー ミストローション しっとり 詳細を見る
7
9種の保潤アミノ酸配合 761円(税込) 第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト アミノフルシャワー 詳細を見る
8
肌をしっとりなめらかに保つスプレータイプの化粧水 1,636円(税込) ニュースキン ジャパン モイスチャーミスト 詳細を見る
9
コラーゲンやビタミン、ミネラル等14種類のサプリメント成分を配合 1,780円(税込) 資生堂 肌水サプリイン14 詳細を見る
10
日中感じる肌悩みにアプローチ 3,680円(税込) 資生堂 イブキ クイックフィックス ミスト 詳細を見る
おすすめの関連記事
あなたに合った化粧水、見つかります。化粧水おすすめ人気ランキング総まとめ♡【2019年最新】お悩み、価格帯、年代、種類別に徹底解説!

ミスト化粧水の選び方3つのポイント

【ミスト化粧水の選び方①】種類で選ぶ

ミスト化粧水は、主にガスタイプとポンプタイプに分けられます。ガスの場合はきめ細やかなミストですが、ポンプタイプはやや大粒のミストが出ます。

好みもありますが、使い終わったときに捨てる方法も異なるため、使い勝手がいいほうを選びましょう

細かい霧のようなミストを期待するならガスタイプ粗いミストの使用感が好きな場合はポンプタイプなど、使い分けると便利です。

【ミスト化粧水の選び方②】成分で選ぶ

ミスト化粧水の成分は、商品によって違います。

その点は、普通の化粧水と同様です。自分の肌に合う成分のミスト化粧水を使えば、肌にも負担がかかりません。

保湿を重視するのか、さっぱりした使い心地を求めるのかは人によって違います。成分をみて判断しましょう。

ミスト化粧水は、他の美容液や乳液などと合わせて使用することも多い商品です。

美容成分がたっぷり入っている必要はそれほどありませんが、保湿や肌への負担などは考慮することが大切です。

【ミスト化粧水の選び方③】使用目的で選ぶ

ミスト化粧水には、いろいろなパターンがあります。たとえば、外出時にメイクの上から使うことで、うるおいを補給することも可能です。

化粧直しに使うなら皮脂吸着成分が含まれているものがおすすめ。商品によって機能性は異なるため、どんな目的でミスト化粧水が欲しいのか、考えてみましょう。

肌荒れ予防なら、植物成分や温泉水配合のものを選ぶなど、その商品ならではの機能を重視して選ぶのが最適です。

ミスト化粧水のオススメ人気ランキング10選!

1位
詳細情報
・内容量 150ml
メイク前にも後にも使えるミスト美容液

メイクアップアーティスト、植村秀が創業したことで知られる、シュウウエムラ化粧品のアイテムです。

日本の四季にまつわる、桜・柚子・菖蒲・檜をイメージした4種類の香りが選べます。

オイル配合のミストは、肌にうるおいを与えたい方に最適です。メイク前の水分補給としてはもちろん、メイクした後にも使えます。

シュッと吹きかけるだけで、メイクも長持ち。

ポンプタイプですが、細かく広範囲に広がるミストが特徴です。うるおい補給・メイク直し・香りによるリラックス効果など、バランス良くまとまっています。

2位
詳細情報
・内容量 57ml
みずみずしい肌へ導く、2層タイプのミスト化粧水

オイルと美容成分が2層になった、ミスト化粧水です。

花粉やホコリなどの外的要因から肌を守るアレルバリア機能が主な特徴で、メイクの仕上げや化粧直しにも使えます。

肌を守る目的ならメイク直後に使用すると効果的です。皮脂によるメイク崩れを防止する成分も配合されているので、日中の使用にも適しています。

2層になったタイプのため、使用前にはよく振って成分を混ぜましょう。

敏感肌の方でも使えるよう、アルコールやパラベンなどは不使用で、無着色・無香料にこだわっています。

おすすめの関連記事
アレルバリアミストの使い方&レビュー!日焼けや花粉にも効果ありの”最強ミスト化粧水”の実力とは?

3位
詳細情報
内容量 300ml
アベンヌ温泉水100%

フランスのアベンヌ温泉水を100%使ったミスト化粧水。アベンヌ温泉は、フランスで皮膚炎などの治療に使われている温泉です。

肌荒れが気になる方や、敏感肌の方にもぴったり。ガスタイプで細かいミストがでるので、使い勝手も抜群です。

顔だけでなく、体全体に使えます。入浴後の保湿やプレ化粧水として使うなど、好きなように使えます。小さいタイプの商品なら、持ち歩きにも便利です。

4位
詳細情報
・内容量 300ml
顔だけでなく全身のケアに

フランスにある、ラロッシュポゼ村の湧き水を使用したミスト化粧水。

美容成分などは配合されておらず、水100%でデリケートな肌の方も安心です。

肌に良い成分として知られる、セレンを豊富に含んだ湧き水は、バリア機能を整える効果が期待できます。

化粧水や美容液の浸透力を高めるための、プレ化粧水として使うのがおすすめ。余計な成分が含まれていないので、日中のメイク直しのときにも使えます。

5位
詳細情報
・内容量 50ml
べたつかずうるおって透明感のある肌に

ファンデーションの上からでも使える、高保湿のミスト化粧水。外出中の乾燥対策や、メイク直しに最適です。

オイルやエチルアルコールが含まれていないため、混合肌の方でも安心して使えるタイプ。

保湿はしっかりしたいけれど、オイル配合の化粧水を使うとテカリが気になるような場合でも、しっかり角質層まで保湿できます。

ユーカリエキスなどの植物成分も配合されており、肌荒れや炎症予防にもぴったりです。小さめのポンプタイプなので、持ち歩きも簡単。

日々の肌ケアとして取り入れてみましょう。

6位
詳細情報
・内容量 220ml
セラミドを配合した敏感肌・乾燥肌・不安定肌のための薬用ミスト保湿ローション

皮膚病の研究から生まれた「アルージェ」シリーズは、敏感肌向けのラインナップ。ミストにも、敏感肌に優しい天然セラミドが配合されています。

肌荒れを防ぐ成分も含まれているため、肌のゆらぎが気になるときにも最適です。無香料・無着色で、パラベンやアルコールなど余計なものは含まれていません。

メイク直し用ではなく、基本的には洗顔後に一般的な化粧水として使うタイプです。ポンプタイプで、3〜5プッシュをそのままスプレーするか、手に取って馴染ませます。

7位
詳細情報
・内容量 50g
9種の保潤アミノ酸配合

肌に優しい無添加化粧水。ガスタイプで、細かいミストが出るため化粧直しにも最適です。メイク直し前にシュッと吹きかけ、ティッシュオフしたあとにメイクを直します。

保湿された肌にファンデーションを塗れば、メイク持ちもアップします。9種のアミノ酸を配合するなど保湿にこだわったアイテムのため、乾燥が気になる方にもぴったり。

プレ化粧水として使うなど、使い道も自由に設定できます。

8位
詳細情報
・内容量 250ml
肌をしっとりなめらかに保つスプレータイプの化粧水

ヒアルロン酸やアロエエキスを配合した、保湿もできるミスト化粧水です。余計な成分は含まれていないため、刺激が気になる方にも向いています。

保湿や吸湿性に優れたPCA-Naが含まれていることも特徴で、皮膚や髪をしっとり柔らかく保つことができます。

全身に使える優しい仕様で、普段使いにぴったりです。ポンプタイプのため、ミストはやや粗めです。

9位
詳細情報
・内容量 240ml
コラーゲンやビタミン、ミネラル等14種類のサプリメント成分を配合

安価で手に入る、美容成分たっぷりのミスト化粧水。ゼリー状のとろけるジェルがミストになって、全体に吹きかけられます。

配合されている富士山で採取された天然水は、ミネラルをたっぷり含んでいるため肌の栄養補給にもぴったりです。

肌と同じ弱酸性のミストは、顔だけでなく体や髪にも使えます。

普段の化粧水としてはもちろん、メイク直しや寝癖直しなど、さまざまな用途に使えるアイテムです。オイル成分を含んでいないため、ベタつきもありません。

10位
詳細情報
・内容量 50ml
日中感じる肌悩みにアプローチ

水分補給だけでは物足りないと感じている方に。美容成分がたっぷり入った美容液タイプで、肌の悩みを解決してくれます。

テカリやベタつきなどのトラブルや、化粧崩れの予防にも。

植物由来の保湿成分配合で、優しくうるおいを届けます。また、皮脂を吸着するポリマーが配合されているため、時間が経つごとに崩れやすくなるメイクも長持ち。

爽やかな使用感で、ミスト化粧水をつけた後のベタつきが気になる方も安心です。

ミスト化粧水の使い方3つのポイント

【ミスト化粧水の使い方①】外出中に使うときはつけすぎないことがポイント

ミスト化粧水をメイク直しに使うときのポイントは、顔全体にかけすぎないことです。

ティッシュなどを使って肌を落ち着かせる目的で使用すれば、メイクが必要以上に落ちることも防げます。

リフレッシュや保湿目的で使うときも、顔から20cmほど離して、ミストが優しくかかるように注意してみてください。

【ミスト化粧水の使い方②】他の基礎化粧品と合わせて使う

ミスト化粧水は、あくまでうるおいを補給するサポートとして使いましょう。特に、保湿成分などが別途配合されていないものはすぐに蒸発してしまいます。

ミスト化粧水だけで保湿ができると勘違いせず、乳液や美容液、クリームなど肌の状態に合わせたアイテムと組み合わせるのが重要です。

ミスト化粧水は化粧水の浸透を高めるプレ化粧水として使ったり、メイク直しのサポート目的での使用がおすすめです。

【ミスト化粧水の使い方③】容器のタイプによって使い方を変る

ガスタイプのスプレーは、使用前に逆さにしたり振ることは避けましょう。状況によってガスが抜けてしまい、最後まで使い切れない原因になります。

ポンプで押し出すタイプのものは、商品によって振る必要があるものも。たとえば成分が下に沈殿するタイプの場合、振ってから使ったほうが効果的です。

容器のタイプや商品の特徴に応じて、使用前の使い方をチェックしておきましょう。

ミスト化粧水の最新売れ筋ランキングもチェック

参考までに、ミスト化粧水のamazonとYahoo!での最新売れ筋・人気ランキングも御覧ください。

まとめ

ミスト化粧水には温泉水などの肌に良い水を使ったものや、化粧水としてそのまま使えるものなどタイプは様々。

用途によって使い分けることも大切なので、まずは目的をはっきりさせましょう。

化粧水として使うなら保湿や美容成分が入っているものを、肌荒れ予防なら温泉水や抗炎症作用があるものがおすすめです。

人気アイテムの中から、自分に合うアイテムを見つけてみてください。

こちらもよく読まれています
あわせて読みたい

カテゴリから探す