全女子の憧れ。【プロが厳選】絶対可愛くなるメイク術♡可愛くなるためにすべきこと&その方法教えます!

可愛くなりたい♡」いつの時代も、女子が思うことは同じですよね。可愛くなるには、どんなメイクをすべきなのでしょう?

その答えは、“ポイントメイク5つ”にあります。可愛いくなるには、“まつ毛・アイメイク・ハイライト・チーク・リップメイク”のすべてにちょっとしたコツが必要です!

そのコツさえつかめば、可愛くなれることまちがいなし!そのコツを、corecty編集部の元美容部員がご紹介します♡

【可愛くなるメイク術♡】可愛くなるためにすべきことは5つ!

【可愛くなるメイク術①】整った可愛いまゆ毛を作る♡

“整った可愛いまゆ毛”とは、角を取った少し丸みのある「ナチュラル平行まゆ毛」です。

まゆ毛を整えるのはいつものメイクでも当たり前ですが、ちょっと太目で平行なまゆ毛はナチュラルさと素直な感じをイメージ♡

【整った可愛いまゆ毛の作り方】

口角と目尻を結んだ線上に、眉尻が来るように印をつけます。

眉頭から印が付いた位置まで平行に、まゆ毛の下ラインを書きます。

③まゆ毛の上のラインを眉頭から自然な感じで、先ほど書いた眉尻に繋げていきます。(※この時、角をつけないように注意。)

④最後に、ナチュラルな感じにするため、まゆ毛の上下のフチのラインをぼかします。(※まゆ毛のフチまわりをぼかすと、ナチュラルな感じになります。)

まゆ毛を仕上げた次は、アイメイク。

アイメイクは、アイシャドウ・アイラインと、今回はつけまつ毛を使います。

ビューラーとマスカラを使う方法もありますが、“つけまつ毛の方が自まつ毛よりしっかりカール”がされていて、時短にもなるのでおすすめです♪

【可愛くなるメイク術②】アイメイクで可愛い目を作る♡

“可愛い目”とは、「丸みのあるデカ目」です。

デカ目は、“アイシャドウの入れ方とつけまつ毛”で仕上げます。

①アイホールにアイシャドウを塗っていきますが、いつものアイホールの位置よりもオーバー気味に書きます。(※オーバー気味に書くと、目が大きく見えます。)

②主となるアイカラーは、まつ毛ギリギリ細めに入れます。(※二重の幅、“全体に濃いカラーを入れると、化粧してます感”が出るので注意!)

③次に、アイライナーをまつ毛ギリギリに細めに書きます。目尻のラインは、上げずに目のラインに沿って下方向へスッと抜く感じで。(※下方向へラインを書くことで、少しタレ目気味になって可愛くなります。)

④アイメイク最後に、今回は“つけまつ毛”を使用します。つけまつ毛は、「カールがしっかりされている・ナチュラルな毛束なもの」をつけます。

(※カールがしっかりされているつけまつ毛は、まぶたをしっかり上げてくれ、横から見た時にまつ毛がクルンとなってとても可愛い印象になります。)

これで、まゆ毛とアイメイクが終了。次は、可愛くなるメイクに欠かせない“ハイライト”の塗り方についてご紹介♪

ハイライトを入れると、肌にツヤがあるように見え、このひと手間が、あなたの肌をツヤツヤに見せてくれます♡

【可愛くなるメイク術③】ハイライトでツヤ肌を作る♡

ハイライトの有る無しで、肌のツヤ感がまったく変わります♡

艶のある肌は、“可愛くなるメイク”には必要不可欠です。

ハイライトを入れる部分は、「額から眉間・鼻筋・アゴ・眉下の眉尻側・Cカーブ(目の下から目の横付近)に入れます。

(※肌の色に近いカラーを使うとなんども塗ってしまいがちですが、何度も重ね塗りをすると目立ち過ぎるのでブラシでササッと塗りましょう。ハイライト用のコスメには、パール感のあるものが多いので注意!)

ファンデーションだけだと顔がのっぺりしてしまいますが、ハイライトを入れるとツヤ肌まちがいナシ♡

次にするのは、“可愛く見えるチークの塗り方”。チークはどこに入れるかで、顔の印象を変えます。

笑ってなくても“可愛いほっぺ”を手に入れましょう♡

【可愛くなるメイク術④】笑ってなくても可愛いチークを作る♡

“笑ってなくても可愛いチーク”は、赤ちゃんを想像してみて下さい。頬が赤くて、笑ってなくても可愛いですよね♡

赤ちゃんのほっぺを再現すると、“可愛いほっぺ”になります。

チークは、入れる位置で全く違う印象になります。

入れる場所は、目の下(鼻の横)からガッツリ頬まで入れます。(※この位置に入れると、肌が高揚しているかのように見えて赤ちゃんほっぺのように可愛くなります♡)

【可愛くなるメイク術⑤】リップでうるツヤ唇を作る♡

“リップでうるツヤ唇”は、その名の通りウルウルしていてツヤッツヤ☆に見せる塗り方です。

唇のフチ取りをします。(※この後ティントリップを塗りますが、かなりウルツヤになるのでフチ取りをしておいた方が、唇周りに滲みません。フチ取りは、リップライナーorリップブラシで。)

②ティントリップを使って、重ね塗りをします。(※一度塗りよりも重ねて塗ることで、さらに可愛くセクシーな唇になります。)

ここまで、“可愛くなるメイク術”をご紹介しましたが、次に“可愛くなるメイク”おすすめのコスメをご紹介します♪

【可愛くなるコスメ♡】厳選!可愛くなるおすすめアイテム♡

【可愛くなるコスメ①】まゆ毛を整える♡おすすめアイテム

詳細情報
■色: オリーブブラウン
■原産国 : 日本
■全成分 : マイカ、ジメチコン、リンゴ酸ジイソステアリル、トコフェロール、アルミナ、ステアリン酸、酸化ジルコニウム、プロピルパラベン、ブチルパラベン、酸化チタン、酸化鉄、タルク
■商品サイズ (幅X奥行X高さ) : 56X10X55
自然な仕上がりでコスパ最強のアイブロウ!

ペンシルと違い、薄眉の人にも負担がかかりにくいパウダータイプ。

オリーブ色は、万能カラーでどんな髪色にも合わせやすいと評判のカラー。また、発色が薄めなので自然に仕上がります。

付属のチップの片方は筆のような仕様なので眉尻がとっても書きやすい!

(※ただし!付属されているチップは、あまりいいとはいえませんので、手持ちのチップをお使いください。この事を考えても、コスパは最強です!)

おすすめの関連記事
お金をかけるべきは眉なんです。【デパコス】アイブロウのおすすめ人気ランキング10選♡使い方・選び方のポイントも解説!

【可愛くなるコスメ②】可愛くなる♡おすすめアイメイク

詳細情報
■色:SR06 センシュアルブラウン
■商品サイズ (幅×奥行×高さ) :55mm×66mm×11mm
■内容量:4.3g
品のあるラメ感とカラーが魅力♡コスパに完敗!

4カラーは、全色捨て色なしの優れたカラーグラデーション。“肌なじみのいい色だけで作った”というだけのことはあります。

上品な輝きの微細パール+金パールなので、ナチュラルにも、ちょっと派手めメイクにも対応可能!

しっとりとした質感なのに、するするとのびて書きやすい♪扱いやすい粉質で発色が綺麗と評判のアイシャドウです。

Amazonでは、アイシャドウ部門ランキング3位と高い評価!

おすすめの関連記事
アイシャドウおすすめ人気ランキングまとめ♡【2019年最新版】塗り方や選び方も解説!
詳細情報
■色:ブラウン
■内容量:0.6g
■ミネラル成分配合
■美容成分配合
■お湯で簡単オフ フィルムタイプ
■濃密ブラックブラウン
極細アイラインでナチュラルキュートな目に♡

アーモンド油、コメヌカ油、スクワラン、ローヤルゼリーエキス、ハマメリスエキス配合(保湿成分)で乾燥しやすいを保湿します。

「ミネラルコンプレックス」は、EYEMANIA(アイマニア)が独自の研究で、3種類のミネラルを綿密に計算した配合で作り出された独自の複合成分。

夜まで滲むことなく、筆先も割れにくい。ブラック寄りのブラウンで、ブラックよりも優しい印象の目が完成♪

発色の良さで、評価も高いアイライナー。

おすすめの関連記事
絶対パンダ目になりたくないあなたに。にじまない・落ちないアイライナーのおすすめ人気ランキング10選♡
詳細情報
■色:モカナチュラル
■商品サイズ (幅×奥行×高さ) :まつげサイズ:約3cm
■内容量:5ペア
リピート率が半端ない!目立ち過ぎず盛れるつけま♡

「RiPiれるまつげ」は、種類が豊富。その中で今回のおすすめは、“ピュアナチュラル”よりも少し持ったカールのしっかりした「モカナチュラル」♡

フルタイプなのに派手になり過ぎず、ボリュームはしっかりある!ライン部分がクリアなので自然なまつ毛を再現でき、さらに丈夫と高い評判♪

それって、マツエク?とまちがわれるかも♡

おすすめの関連記事
つけまつげオススメ人気ランキング10選 使い方や選び方も

【可愛くなるコスメ③】可愛くなる♡おすすめハイライト

詳細情報
■色:ゴールドベージュ
■商品サイズ (幅×奥行×高さ) :64mm×23mm×71mm
■内容量:4.3g
銀コーティングされたガラスのパール&オーロラカラーラメで瞬時にくすみを飛ばす♡

今回のおすすめは3色ある中で、最も肌なじみのいい“ゴールドベージュ”。ツヤ肌とウルウル感を演出できるカラーです。♡

ギラギラし過ぎない自然な艶感と肌に透明感を与え、程よいシャイニー感が、肌のくすみを飛ばします♪

ハイライトだけではなく、フェイスパウダーとして使っても◎

おすすめの関連記事
フェイスパウダーおすすめ人気ランキングまとめ【2019年最新】使い方や選び方も♡

【可愛くなるコスメ④】可愛くなる♡おすすめチーク

詳細情報
■色: 01ソフトピーチ
■内容量:5g
■全成分:タルク、合成フルオロフロゴパイト、マイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ワセリン、ミリスチン酸Mg、ジメチコン、ステアロイルグルタミン酸2Na、ジステアリン酸Al、トコフェロール、メチコン、ラウロイルリシン、イソステアリン酸ソルビタン、水酸化Al、ミリスチン酸亜鉛、水溶性コラーゲン、メチルパラベン、エチルパラベン、デヒドロ酢酸Na、(+/-)アルミナ、グンジョウ、シリカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化スズ、ホウケイ酸(Ca/Al)、黄4、赤202、赤226
■スキンタイプ:ノーマル
血色感&ツヤ&透明感を与える♡透明美肌チーク♡

一粒ごとに“オイルコーティングしたパウダー”&肌の透明感を高め、“隠し青パール”配合♪水溶性コラーゲンが肌に潤いを与えます。

粒子が細かく、発色やパールのツヤもナチュラルに仕上がります♡

ソフトピーチ色は、肌色にもなじみやすい万能カラー。

チークカラー&透明美肌パウダーに分かれているので、分けて使うもよし!混ぜて使うもよし!いろんな使い方を楽しめます♪

おすすめの関連記事
チークおすすめ人気ランキング【2019年最新】選び方や使い方も徹底解説♡

【可愛くなるコスメ⑤】可愛くなる♡おすすめリップ

詳細情報
■カラー:#5 アプリコット
■原産国:大韓民国
■内容量:4g
ひと塗りでキュート&ぽってり唇が完成♡

“リップボリューマイジングオイルが、唇の縦ジワをカバー♪塗った瞬間、とろけるようなテクスチャーで気になるカサカサ唇をしっかり保湿します♡

今回、おすすめは「アプリコット」ピンクとオレンジを混ぜたようなナチュラルで可愛いカラーです。このカラーは、万能カラーなので肌色関係ナシ♪

おすすめの関連記事
リップティントおすすめ人気ランキングまとめ【2019年最新】塗り方や選び方も♡

まとめ

今回は「絶対可愛くなるメイク術」をご紹介しました。

可愛くなるメイクは、“まつ毛・アイメイク・ハイライト・チーク・リップメイク”のすべてにちょっとしたコツが必要です。

メイクは、たった数ミリ単位の変化でも、顔の表情を変化させます。だから、メイクは楽しいんですよね♪

時代によってメイクに流行りはありますが、“可愛くなるメイク術”にそうそう変わりはありません。

しっかりメイクをマスターして、可愛くなってくださいね♡

こちらもよく読まれています
あわせて読みたい

カテゴリから探す